車幅感覚を養う

車の間隔って、最初のうちはあまりないですよね。特に「左側の感覚がない!!」とおっしゃる方が多いです(間隔の感覚・・・日本語って難しいですね笑)。

車幅ポールを取り付ける

見た目が悪いので皆さん付けたがらないのですが、車幅ポールを取り付けるのが一番確実で安全な方法です。車幅ポールとは、写真のような伸縮式のポールで、車の左前角に貼って自分の車幅を常に目視できるスグレモノです。私も、免許を取って1カ月はつけていました。

歩行者の白線に左タイヤを乗せる

交通量の少ない路地に行き、左側の歩行者線の上に左タイヤを乗せます。運転席から見える白線が、自分の左側のタイヤが通る軌道になるので、白線がどのあたりに見えるかを見て左側の車幅を把握します。

停車を繰り返す

停車を繰り返すのも効果的な方法です。ガードレールや外壁があるようなところではなく、可能な限り低い縁石があるような場所(誤って寄せ過ぎても、ホイルにキズが付くだけで済む)に寄せて停車をする練習をします。