文字で学ぶ 【文字】07時間目 カーナビ走行

【7-02】カーナビ地図の上手な見方2 | 地図から曲がる場所を読み取る

投稿日:

カーナビ走行のコツ。1回目では、地図を見て曲がる方向を確認することを学びました。

https://xn--eckwdwab8bwf4fbe.xyz/7/post-5640/

でも、曲がる回数がわかっても「どこで曲がればいいかわからない!!」という方は多いと思います。特にカーナビの案内は「100メートル先、右方向です」なんてメートルで言うので、余計に混乱してしまいますね!?

そこで今日は、曲がるべき場所が大体わかる地図の読み方をお教えします。

step2・地図から曲がる場所を読み取る

今回のルートです。まず最初に「北参道交差点」を左折するんでしたね。

本来ルート案内が始まると、この画面に「あと〇〇メートルで左折」という案内表示が出てきます。ただ、これでは距離感がつかめない人には難しいと思います。

ならば・・・この地図で北参道交差点を曲がるタイミングを知るヒントはないでしょうか?

 

ヒントです。道路の色に注目して下さい。北参道交差点を、青く太い道路が横切っていますね?この青い道路は「高速道路」を示しています(ほとんどのカーナビがこの配色です)。ということは、北参道の交差点には、高速道路の高架橋がかかっているハズなのです(地下高速だった場合、色は半透明になっています)。

実際に確認してみましょう。

遠くから北参道交差点を見た図です。これじゃ、どこで曲がればいいかわからないですね。

北参道交差点の信号もまだまだ判別できません。でも、高速道路は見えますね?もし事前に高速道路のある交差点を左折とわかっていれば、もう「どこで曲がるか?」は心配せず、安全確認に意識を向けられるのです。

では、北参道交差点の次の右折はどうでしょう?地図をもう一回、見てみましょう。

なにか、目印になるものはありませんか?

そうです、電車をくぐってからすぐ、右折していますね?実際のようすを見てみましょう。

この通り、電車をくぐってから右折ですね。

このように、地図の決まりを利用して、どこで曲がるかをわかりやすくするのです。

カーナビの地図で目印に利用できるもの

  • 高速道路
  • 線路
  • 川、海
  • 大きな工場や会社
  • 丁字路などの特色のある交差点
  • 一方通行(縮尺を100m以下にすると表示されます)
  • ガソリンスタンド
  • 駐車場のあるコンビニやファミレス

注)駐車場のないコンビニやファミレスなどは、カーナビに掲載されていてもドライバーに目立つようには設計されていないため、見落としやすいので注意が必要です。

Copyright© 元レーサーが教える優しい東京ペーパードライバー教習 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.