文字で学ぶ 【文字】07時間目 カーナビ走行

【7-05】「激安車載用カーナビ」と「スマホのカーナビ」比較とおすすめ2019年版

投稿日:

教習をやっていてよく聞かれるのが「カーナビって、スマホを使ったほうがいいですか?それとも車載用のカーナビを買った方がいいですか!?」という質問です。

実は父親がカーナビの評論家をやっておりまして、私も20年ほど前から、評論し終わったカーナビのおこぼれをもらって、様々なカーナビを試してきました。普通の方よりも実に多くのカーナビに接してきたと思います。

そんな私が断言してしまいましょう。もう、スマホのナビしかあり得ません。いったい、スマホのナビはどこが優れているのか。一つずつ検証していきたいと思います。

スマホのナビと車載ナビのメリット、デメリット

初期費用の違い

車載カーナビを検討するとき、どうしても気になってしまうのが「初期費用の高さ」です。


 

上記のように、一番人気の機種は8万円もします。しかも車に取り付けるとなると、取り付け工賃(オートバックスの場合16,200円~)が必要ですので、最低でも10万円はかかってしまうのです。

一方スマホナビは、ほとんどの方がスマホを所有していますので初期費用ゼロです。後述する有料アプリでも、月額600円前後。有料ナビを毎月使ったとしても、150カ月(約14年)使用してやっとトントンなのです。

地図の更新頻度と費用

日本の道路はドンドン作られ、改良されています。スマホナビの場合、地図の更新は随時行われますので、アプリを立ち上げる毎に毎回新しい地図を使えます。道路を走っていて「あっ、実際と違う!!」と慌てることはありません。

一方車載ナビは、更新に1~2万円の更新料がかかります。購入後2年程度は更新が無料の場合が多いですが、それ以降は有料で更新しない限り地図がどんどん古くなってゆくという致命的なデメリットを抱えています。

車の買い替え時の煩雑さ

あまり知られていないことですが、車載ナビにはたくさんの付属品がついています。ビーコンに車速パルス、地デジアンテナに音声認識ユニット、電源ケーブル一式にVICSアンテナ・・・。もし車を乗り換えるとなった場合、それらをぜ~んぶ取り外して、また新しい車につけなければならないのです。それが面倒であれば業者に頼む・・・あれ?また費用が発生してしまいますね。

一方、スマホナビはいわずもがなです。車を乗り換えたら、そのままホルダーにポン!!と乗せ換えてあげるだけでいいのです。もちろん電源は、シガーソケットから取って終わりです。

車載ナビのメリットは?

では、車載ナビのメリットはないんでしょうか?

車載ナビが根強い人気を得てきた理由として「測位精度の高さ」にありました。測位精度とは、自分が地図のどこを走っているかを正しく表示する性能のことです。今までのスマホは、あまり性能が良いとは言えず、自分がどこを走っているのか、どっちに向いて進んでいるのかが結構いい加減だったんですね。

しかもスマホアプリは測位を宇宙にあるGPSだけに頼っているため、車の上部に橋やトンネルがあると測位できなくなってしまいます。

ところが「ナビタイム」のようなカーナビアプリに力を入れている会社が台頭してきたこともあり、近年飛躍的に測位精度が上がりました。それによってここ数年、スマホナビが爆発的に普及してきているのです。

車載ナビとスマホナビのメリット、デメリットまとめ

スマホナビ 車載ナビ
初期費用 無料 9万円前後
地図の更新頻度 リアルタイム 1年に1度程度
更新費用 無料 1~2万円
車の買い替え時 簡単 煩雑
測位精度
画面の大きさ 5~6インチ 7インチ

スマホナビと言っても、2種類ある!?

先ほどからオススメしているスマホナビですが、スマホナビといっても有料と無料の2種類があります。有料ナビでは「ナビタイム」が有名ですし、無料ナビでは「y!カーナビ」や「googleマップ」が有名です。

どちらを選べばいいかというと、やはり有料アプリ、特にカーナビタイムです。
http://products.navitime.co.jp/service/carnavitime/

さすがにお金を頂いてサービスを提供しているだけあって、ナビへの力の入れようは無料アプリとは比較になりません。毎月600円程度かかりますが、使いたいときだけ課金し、使わない月は課金しなければよいので、この辺も臨機応変に利用すればいいかと思います。

アプリの使用感についてはこちらの比較動画がわかりやすいので、ご覧ください。

結局、どのように使うのがオススメ!?

カーナビを導入しようとしている方にオススメなのは「ファーウェイ製のタブレット端末を購入し、ナビタイムの有料アプリを入れて使用する」です。私も実際そうしています。

もちろんお手持ちのスマホをそのまま使用してもいいのですが、画面が小さいのが気になりますし、ブックカバータイプのスマホカバーを使っていると、車載ホルダーに入らない場合が多いです。ですので安いタブレットを購入し、そこにナビタイムの有料アプリを入れてカーナビ化するのです。もちろん、既にipadなどのタブレットをお持ちでしたら、そのまま流用すればいいだけです。

ただどのナビアプリもそうですが、インターネットにつながっていないと渋滞情報や検索機能が使用できません。そこでお手持ちのスマホでテザリングし、タブレットに接続してあげるのです。

これからタブレットを用意しなければならない方は、ファーウェイ製を購入すれば安価ですし、信頼性も高いので間違いないでしょう。

ファーウェイのタブレット+カーナビタイムで、車に最新カーナビをセッティングしましょう!!

Copyright© 元レーサーが教える優しい東京ペーパードライバー教習 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.