下り坂を走行している時に、エンジンブレーキを使っているという方も多いのではないでしょうか?

アクセルを踏んでいなくても自然とスピードが出る下り坂では、徐々に減速するエンジンブレーキが大活躍してくれます。

しかし、「タイミングがよくわからない」「使って見たことはあるけれど、後続車に迷惑をかけてしまった経験がある」と、いまいち使いこなせず困っている方も・・・。

そこで、今回は、AT車が下り坂でエンジンブレーキで使いこなす為のポイントについて解説します。

エンジンブレーキはタイミングが肝心

エンジンブレーキを効かせるタイミングは「危険を感じる少し前」です。

長い下り坂の場合、フットブレーキだけに頼っていると、ブレーキの効きが悪くなってしまうことがあります。

下り道なら、差し掛かった時など危険を感じる少し前にエンジンブレーキを使うことで、フットブレーキを多用しなくても、適切な速度で下ることが可能です。

ただし、注意点もあります。

エンジンブレーキはブレーキランプが点灯しないので、後続車に気をつけましょう。

急なシフトダウンは、迷惑になるだけでなく危険です。

特に高速道路などでは、バックミラーなどを使って、後続車との距離を十分に確認した上で、シフトダウン操作をすることが大切なポイントと言えます。

安全設計を理解しておこう

細かくシフトダウンできるパドルシフトは大変便利です。

落としたい速度まで、シフトすることができます。

しかし、速度によっては一定以下のギヤには下がらない安全設計が施されていることに留意しておきましょう。

エンジンを守るセーフティ機構があることを考慮した上で、使うことがポイントとなります。

望んでいる速度になるまで、「D」(ドライブ)と低いギヤとの間を行き来させる方法も有効です。

もし、頻繁なシフト操作がストレスになるなら、スポーツモードを選んでおくと良いでしょう。イージードライブが可能になります。

なお、どのような場合でも、後続車だけでなく前走車にも気を配っておくことも大切です。

前走車が急な減速した時など、いつでも必要な時にフットブレーキを踏めるように、心の準備をしておきましょう。

まとめ

エンジンブレーキを活用すると、フットブレーキの負担を軽減することができます。

必ず使わなければならないというものではありませんので、まずは気軽に試しつつ使いこなしていくことをオススメします。

前方車や後続車には注意しましょう。