高速道路を利用した時、うっかり目的のICを通り過ぎてしまったことはありませんか?行き過ぎると焦ってしまいますよね・・・。

実はICを行き過ぎた場合でも、正しい対処方法を取れば、本来の目的地のICまでの通行料金で済むことが多いです。

対処方法と注意点をまとめてご紹介します。 

高速道路で行き過ぎた時の正しい対処方法

正しい対処方法を知っておけば、いざという時も落ち着いて対応できます。

順番に見ていきましょう。

1.焦らず次のICを目指す

まず、目的のICを通り過ぎたら、焦らずにそのまま次のICを目指します。

本来、高速道路上ではバックやUターンが禁止されていますので、間違っても行わないように気をつけましょう。

2.次のICの一般レーンへ進む

次のICに着いたら、一般レーンに進みます。この時、ETCレーンは避けることがポイントです。ETCが作動すると、料金決済が完了してしまい、余分なお金を取られてしまいます。

ETC/一般共用レーンは、ETCカードを抜いていれば利用できますが、間違って反応すると困りますので避ける方が良いでしょう。

3.料金所のスタッフに訳を話し、戻れるように手配してもらう

スタッフに行き過ぎたことを伝えれば、目的のICまで戻れるように案内をしてくれます。あまり知られていませんが、行き過ぎた人用の専用の道が用意されていることも多いです。

基本的にわかりやすく案内してもらえますので、スタッフの指示に従いましょう。なおこの時、戻った時に目的のICで対応してもらえるように車のナンバーなどを控えられることがあります。

4.目的のICに戻り、スタッフに申し出る

目的のICまで戻ったら、同じように一般レーンの料金所へ進みましょう。スタッフに申し出れば本来入ったICから当初の目的のICまでの通行料金で済みます。

例外もあるので注意!

基本的には、上記の方法を取ることができますが、構造などによって対応してもらえないこともあるので注意しましょう。その場合は、料金を支払って高速道路を降り、本来の目的ICまで戻ることになります。

料金所でスタッフに行き過ぎたことを話すことを恥ずかしがってしまう方もいますが、ICを行き過ぎてしまうことはそれほど珍しいことではありません。スタッフの人はその料金所で可能な対応方法をスムーズに教えてくれるので、素直に聞いて大丈夫ですよ。

まとめ

逆走は最悪の場合死亡事故につながる危険な行為です。正しい対処方法をとれば、安全かつ余計な出費をせずに目的のICまで戻ることができます。一部例外もありますが、スタッフの人に聞けば、どのようにすればいいのか丁寧に教えてくれますので焦らず聞いてみましょう。