2時間目 くるまを動かしてみる 文字で学ぶ

道路の真ん中を走れない3つの理由

投稿日:

道路やレーンの真ん中を走れない!!という方はとても多いです。

真ん中を走れない理由

1・左側の感覚がつかめず怖いので、とりあえず右に寄る

自分の車の左側がどのあたりを走行しているのかがわからないため、常に接触してしまうのではないかという恐怖心があり、安心感のある右に寄ってしまいます。

2・対向車の圧迫感があるので、対向車とすれ違うたび左に寄る

日常生活で車が至近距離を通過するという経験がないため、対向車とすれ違うたびに「ぶつかるのではないか?」という恐怖心から反射的に左によけてしまいます。

しかし運転をする際には自分のレーンをはみ出さない、という大前提があります。ということは、レーンをはみ出さない限りそうそう危険な目に合うことはありません。むしろレーンをはみ出し、事故を起こす可能性のほうがよっぽど高いのです。対向車に圧迫感を感じるのはわかりますが、レーンをはみ出さない限り絶対に対向車とぶつかることはありません。

むしろ圧迫感から左にハンドルを切ってしまい、歩行者や自転車と接触するリスクの方が圧倒的に高いのです。

3・緊張から無意識にハンドルを握りしめてしまい、体の動きにハンドルが連動してしまっている

路上に出たばかりの頃は、緊張から無意識にハンドルを強く握りしめてしまいがちです。すると顔を左右に振り向けただけでも体が曲がり、それに伴い腕とハンドルが動いてしまいます。すると、車は自分が向けた視線の方へフラフラ動いてしまいます。

これに対する対処方法は、ハンドル「握る」ではなく「支える」という発想を持つことです。

車のハンドルには、できる限り直進しようとする機能がついています。ですので、直線でドライバーが「真っすぐ走らせよう」とハンドルを握りしめなくても、勝手に直進してくれるのです。ハンドルに軽~く手を添え、間違った方向へ進みそうになったときだけ、少し修正を加えてやればいいのです。そうすれば、左右に顔や体を動かした際に、車が連動してぶれることもありません。

-2時間目 くるまを動かしてみる, 文字で学ぶ
-,

Copyright© ペーパードライバー出張講習 | 元レーサーの東京ペーパードライバー教習 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.