最終的には120㎞/hまで引き上げされる可能性?

新東名高速道路は、以前から120㎞/hから140㎞/hで走行しても、安全に走行可能なのではないか?そもそもそういう設計なのではないか?などという声がありました。
そもそも高速道路の「100㎞/hで走行するもの」というルールが変更されないのは、警視庁が良しとしないからなのではないか?という指摘もあります。警視庁は2016年3月に安全性が担保されている新東名高速道路、東北自動車道の一部の区間のみ、120㎞/hに段階的に引き上げる方針を発表しました。

一部の報道によりますと、新東名高速道路の新静岡から森掛川インターチェンジにおいて、ひとまず110㎞/hまで引き上げ、安全確認をするようです。
自動車メーカの一部は、この速度上限引き上げの方針に既に対応していて、SUBARUのアイサイトでは車間距離自動調整機能の速度上限を、120㎞/hまで引き上げています。

高速道路の実態に迫る為の第一歩

新東名高速道路、東北自動車道だけでなく、わが国日本における高速道路の実態は、100㎞/hばかりでないというのが今の現状です。速度上限引き上げの対象になるのは、110㎞/hや120㎞/hの速度設定がされているのが条件となります。

しかし、先ほど紹介した二つの高速道路だけではなく、交通面の安全を確保しながらも、円滑の確保もしたいところです。その第一歩となるのが、今回の新東名高速道路の速度上限引き上げになるはずです。