あなたの車はスタッドレスタイヤ?それともタイヤチェーン?

毎年冬になるとみなさん悩まれるのではないでしょうか?愛車のタイヤ事情。
積雪が多い地域の方達は、冬の始まりとともにスタッドレスタイヤに履き替える方が多いかと思います。ですが、積雪が年に一度あるかないかという地域の方達は、スタッドレスタイヤとタイヤチェーンで悩まれる方も多いかと思います。実際に、わたしもそうでした。もしも雪が降った時の為に、スタッドレスタイヤを用意しておきたいけれど費用がかさむ。それなら、低コストのタイヤチェーンを用意しておきたいけれど装着方法が難しそう。みなさんならどちらを選びますか?

スタッドレスタイヤのメリットとデメリットは?

スタッドレスタイヤといえば、一度装着してしまえば翌年の春までそのまま使用出来るので、積雪の多い地域の方達には大きなメリットになります。
またタイヤチェーンと比べると、走行速度や振動、ガタガタ音もスタッドレスタイヤであればグンと抑えられるので、夏タイヤと変わらぬ感覚で運転出来ます。

今ではお馴染みとなったスタッドレスタイヤですが、やはりタイヤチェーンと比べるとまだまだコストが掛かります。
またタイヤとホイールをそれぞれ4本づつとなると保管場所も必要になってきます。

そしてみなさんご存知でしたか?スタッドレスタイヤとタイヤチェーンでは、雪上のグリップ性能はタイヤチェーンの方が勝るのです。
なのでスタッドレスタイヤでもタイヤチェーンをしなければならない場合もあるんです。場所によっては「全車両チェーン装着規制」がなされている区間もあり、その場合はスタッドレスタイヤにさえチェーン装着しなければ走行出来ません。

アイスバーンに対しての性能の違いにもメーカーによって差があるのが現状で、スタッドレスタイヤを購入の際には、コストや保管場所確保以外にも、こういった性能についても考慮が必要になってきます。

タイヤチェーンのメリットとデメリットは?

タイヤチェーンといえば、なんといっても価格の安さが最大の魅力です。安いものだと3,000円から購入できるものもあります。
そして雪上のグリップ性能は、スタッドレスタイヤより優れているのも特徴です。
なので積雪が多い地域でも安全に、また積雪が少ない地域でも低コストで購入が出来るのがタイヤチェーンになります。

ですがタイヤチェーンにもデメリットはあります。
スタッドレスタイヤと比べると振動やガタガタ音は大きく、また速度が出せないため渋滞を作ってしまう場合があります。
そしてチェーンの脱着。ご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが、基本的にチェーンは駆動輪のみに装着するのがオーソドックスで、前輪駆動の場合は前輪に。後輪駆動の場合は後輪に。四輪駆動の場合は前輪と後輪でどちらが主体になっているかで変わってきますが、4本すべてのタイヤに装着することが理想的になります。
また積雪のないアスファルトでの走行は、ホイールに傷がついたり、チェーンが切れてしまい事故に繋がったりと危険を要します。
そのため、高速道路などチェーン規制が出されている区間でも、長いトンネルではチェーンを外して走行しなければならない場合があり、この場合はトンネルに入る手前でチェーンを外し、またトンネルを抜けたらチェーンを装着するといったスタッドレスタイヤでは必要のない手間がかかります。

そしてみなさん、タイヤチェーンにも素材の種類があるのをご存知でしょうか?
最近では、昔からある金属チェーンに加え、ゴムやウレタンで出来た非金属チェーンというものもあります。
この非金属チェーンは安くて10,000円前後からとややコストがかかりますが、振動やガタガタ音は金属チェーンより抑えられ、なによりチェーンの脱着が幾分やり易くなっているのがポイントです。