3時間目 左折と右折のれんしゅう | 左折の2大原則と大まかな流れ

この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。

左折の2大原則

左折には、安全確認しなければならない箇所が2つあります。これを「左折の2大原則」と命名しました。逆を言えば、この2箇所さえチェックしていれば、それ以外でビビる必要はないのです!!

左折の2つの注意ポイントは「巻き込み」と「歩行者」です。「巻き込み」と「歩行者」さえなければ、いつ左折しても構わないのです。このポイントを理解していないと、巻き込みも歩行者も全くいないのに一時停止をしてしまったり、対向車線から車が来るのではないかと無駄なブレーキを踏んでしまいます。

石橋を叩いて渡るようにそろりそろりと行けば安全な気がしますが、後続車に迷惑をかけるばかりでなく、追突されるリスクが大幅に増してしまいます。慎重すぎるのは、かえって危険なんですね。

今から説明する左折の一連の動作は、この2大原則「巻き込み」と「歩行者」を確認するための作業です。私は今でも呪文のように「巻き込み」と「歩行者」と心の中で唱えています。それくらい大切な交通ルールなのですね。

左折の流れ

5

3・左折の基準線を理解する

左折時に「車を左に寄せる」という流れを勉強しましたが、そもそもなぜ左に寄せるのか、理由を考えたことはありますか?

 

左折の際に車を左に寄せる理由は、3つあります。

1・巻き込み車両が侵入するのを防ぐ

2・左折する意思があることを後続車に示す

3・右側を開けて、後続の直進者が進むスペースを空ける

 

ところが心理的な影響からか、せっかく車を左に寄せたのに、下の図のように「ヨイショ」と右に振ってから左折する人が非常に多いのです。これでは、何のために左に寄ったのかわかりません。

3

 

 

もし、そこに後続の直進車が来ていたら・・・

4

 

では、この悪癖を直すためにはどうすればいいのか?

 

それは「基準線」を設けることです。左折する際には、視点を左側の縁石やラインに目線を移し、そのラインを基準として平行に交差点に進入するのです。そして、ハンドルは右に切ることなく、そのまま左折していくようにしましょう。

5

 

4・理想的な左折ラインを走行する

ところで、カーブや交差点は円の一部でできている、というお話をしました。これはどんなカーブでも、どんな交差点でもです。

 

でも、自分が円を描けているかって、全くわからないですよね?そこで、何か目印になるものがあればいいですよね。実は、あるんです。円を描くために便利な目安が。

 

それが、「溝」です。

6

 

多くの交差点では、写真のような溝が設置されています。これが、きれいな円を描いているんですね。ココを目印にハンドルを曲げてあげるのです。欲を言えば、自分の車の左後ろタイヤでなぞってやるようなイメージです。

 

この練習をすると、ハンドルを一定にして交差点を抜けられるようになります。

 

しかもこの溝をなぞれるようになると、不必要な大回りもしなくなり、左の車幅感覚をつかめるようになります。多くの方が「自分の車がこんなに内側を曲がれるなんて思わなかった」と言います。

 

この溝を沿うように曲がると、曲がった先の車線の真ん中にトレースできるようになる、魔法の目印なのです。

 

5・停車車両の追い越し方

練習をしていると、停車車両が現れましたよね?

 

「うまく通れるかなぁ?」

ドキドキしたのではないでしょうか?なぜ、ドキドキするのか?

 

それは、明確な根拠を持たずに追い越しをしているからです。根拠とは「センターライン」です。停車している車両をセンターラインの距離を目測し、そこから安全な通過幅を導き出してあげればいいのです。

 

それが、大抵の人は停車車両ばっかり見てしまいます。左の停車車両を基準に考えてしまうので、そこに対向車が迫って来ようものならパニックになってしまうのです。

 

障害物との距離は、最低1mが理想的です。しかし、道幅や対向車の有無により、十分な車間をとれない場合もあります。以下の手順を覚え、停車車両を安全に追い抜く練習をしましょう。

 

1・センターラインを跨がずに通過できそうな場合

7

 

2・道幅が狭く、センターラインを越えないと通過できない場合

8

 

3・道幅が狭く、センターラインを越えないと通過できず、なおかつ対向車が来ている場合

9

 

 

【やってみよう】

講習5時間目 | 左折の基本を学ぶで回ったコースを、左周りでさらに1~2周しましょう。

 

【チェックポイント】

1・減速→ステアリングを切る→ステアリングを固定する→アクセルを少しずつ踏む→セルフステアリングで真っすぐになる、ができているか。

初心者の方は特に、ブレーキでの減速が毎回不安定で一定ではないため、交差点での侵入速度が速すぎて大外回りになったり、逆にスピードを落とし過ぎて交差点内でモタモタしてしまうのです。また、ハンドルを一定にしておくことに我慢できず、ついついハンドルを動かし過ぎになってしまいます。「カーブは円でできている」ということを忘れず、ハンドルを一定にする週間を身につけましょう。

 

2・セルフステアリングを実践できましたか?

初心者の方は恐怖心からどうしてもハンドルを自分の力で操作しようとし、交差点の出口で左側にぶつかりそうになったり、対向車線に飛び出しそうになったりします。そこにアクセルを踏んでしまうものですから、もうコントロールができなくなってしまうのです。

 

3・左折の基準線と平行に侵入、左折できましたか?

 

4・左の溝を目安に、きれいな円を描きながら左後輪でなぞる走行はできましたか?

 

5・考えることなく、停車車両の対処をできるようになりましたか?

停車車両が現れてから、頭で考えて行動していては遅すぎます。刻一刻と、停車車両や対向車は迫ってくるからです。

停車車両を見つけた瞬間にセンターラインとのマージンを目測し、センターラインを越えずに通過するのか、越えて通過するのか、対向車は来ているのか、などを無意識で判断できるまで練習しましょう。

 

左折はできるようになりましたか?今度は右折です。

 

【学ぶこと】

1・右折の2大原則を学ぶ

2・待つべき場所

【事前学習】

1・右折の2大原則

おさらいです。左折の2大原則は

「巻き込み」と「歩行者」でしたね?

 

右折の2大原則は

「対向車」と「歩行者」

です。

 

この2つがいなければ、速やかに右折してしまってかまいません。

 

2・待つべき場所

横断車がいる場合、右折は左折と違い、横断歩道の直前で待つことができません。なぜなら、対向車がいるからです。

 

では、右折時に対向車や歩行者がいる場合、どこで待てばいいのでしょうか?それは下図のような「センターラインを結んだ線を越えない、交差点中央の少し手前」です。

10

 

センターラインを越えてしまっては、対向車にぶつかる可能性がありますし、交差点の中心を踏んでしまうと、対向車の右折車とぶつかる可能性があります。

 

【やってみよう】

信号のある交差点を、右周りに1~2周します。

 

【チェックポイント】

1・右折の2大原則を理解できましたか?

何度も言いますが、右折の大原則は「対向車」と「歩行者」です。それ以外はチェックする必要がありませんので、左を見る必要はありません。

 

右折時にこの2 点のみを頭に入れ、スムーズに右折できるように練習しましょう。

 

2・待つべき場所

対向車と歩行者がいる場合、交差点内で待つルールは理解できましたか?特に歩行者がいる場合、どのタイミングで右折すればいいか、なかなか目測を付けることが難しいかもしれません。その場での状況判断になりますので、少しでも危ないと思った場合は、安全第一で待つようにしましょう。
次は、優先右折のスムーズな通過方法を学びます。

 

【学ぶこと】

1・右折の基準線を理解する

2・理想的な右折ラインを走行する

 

【事前学習】

1・右折の基準線を理解する

右折時に、右に寄せる理由は2つあります。

1・右折する意思があることを後続車に示す
2・左側を開けて、後続の直進者が進むスペースを空ける

しかし左折同様、「ヨイショ」と左に振ってから右折する人が非常に多いのです。

30

後続車が左から来ていたら・・・

31

もちろん、大参事ですね。

 

右折する際には、「停車車両の追い越し」でもやったように、視点を右側のセンターラインに目線を移し、そのラインを基準として踏まないように寄り添いながら平行に交差点に進入します。そして、ハンドルは左に切ることなく、そのまま右折していくようにしましょう。

32

 

2・理想的な右折ラインを走行する

左折時はなるべく小回りするとお伝えしましたが、右折の際は、交差点の中心を踏まない程度に大回りするようにします。

小回りしてしまうと、曲がった先で待機している車と衝突してしまう可能性がありますし、交差点の中心点を踏むほど大回りしてしまうと、対向の右折車と接触してしまう可能性があります。

ですから図のように、「交差点の中心を踏まない程度に大回りする」のが理想的な右折ラインになります。

33

 

【やってみよう】

「講習7時間目 | 右折の基礎を学ぶ」で回ったコースを、再度1~2周してみましょう。

【チェックポイント】
1・右折の基準線を守って、センターラインに水平に進入できましたか?
2・理想的な右折ラインを走行できましたか?

コメントを残す