バック駐車のキホン

バック駐車には、進行方向の右側の車庫に入れる「右バック」、左側の車庫に入れる「左バック」があります。運転席から近い右側の車庫に入れる「右バック」のほうが比較的簡単ですので、右バックから練習するようにしましょう。

前回、「人間は後ろ向きに進むのが苦手」と申しました(バック駐車の手順)。だったら、前を向きながら駐車をしてしまえばいいんです。

前を向きながらバック・・・どうやるの!?

それは、サイドミラーを上手に利用するのです。うまい人ほど、ミラーだけで駐車をこなしてしまいます。

駐車のキモは・・・?

バック駐車は「入れたい駐車場の線にボティラインを合わせる(お尻を向ける)」が一番のキモです。右バックの場合は、右側のサイドミラーを見て、入れたい車庫の右側の線の先端にボティのラインを合わせる

1

左バックの場合は、左側のサイドミラーを見て、入れたい車庫の左側の線の先端にボティのラインを合わせる

2

このように、右バックなら車庫の右の線、左バックなら左の車庫の線に自分の車のボディラインを合わせると、駐車の成功確率が飛躍的に高まります。