冬の雪道対策、あなたはスタッドレスタイヤ派ですか、それともタイヤチェーン派ですか?

お住いの地域によっても異なるかもしれません。なお、スタッドレスタイヤを装着していても、降雪量や路面状況によっては、タイヤチェーンを巻いて走らなければならないことがあります。

チェーン規制・全車両チェーン装着規制

積雪時の「チェーン規制」とは、スタッドレスタイヤやスノータイヤなどの冬用タイヤ又はタイヤチェーンの装着が必要な規制を指します。そのため、冬用タイヤを装着していない場合は、駆動輪にチェーンを装着します。

路面の状態が特に悪い時には「全車両チェーン装着規制」の実施となることもあります。この場合では、冬用タイヤを装着していても、チェーンを装着しなければなりません。このようなケースもあることを踏まえて、スタッドレスタイヤなどの冬用タイヤを装着していても、チェーンを車に積んでおくと安心です。

チェーンを巻いたタイヤでは時速何kmまで?

さて、必要性が生じタイヤにチェーンを装着した場合、走行速度はいったい何km/hまで大丈夫なのでしょうか。

スタッドレスタイヤにおいては、積雪による速度規制を守ったり、スリップに注意する必要はありますが、走行条件はそれほど厳しいものにはなりません。

一方、タイヤの包むような形となるチェーンは、走行中たわんだり伸びたりすることがあったり、形状が網目状であるため振動や騒音が激しくなります。そのために、なかなかスピードを出すことができません。

取扱い説明書に記載されたチェーン装着時の走行速度は製品やメーカーによって異なりますが、比較的安価な金属チェーンの場合、大体20~50km/hとなっています。非金属製の場合は、40~70km/hが大体の目安のようです。とはいえ実際は、走行の安定性とチェーンの耐久性を考慮し望ましいとされる走行速度は、金属チェーンでは30km/h以下、非金属チェーンでは50km/h以下と言われています。

金属チェーンと非金属チェーン

金属チェーンの特徴に、積雪していない路面で使用すると切れやすいというのがあります。金属チェーンが走行時に切れると、事故の原因となったり、ボディやホイールを傷つけてしまいかねません。また、金属チェーンで気になるのが、走行中の音や振動です。過去の経験から、できれば金属チェーンの装着は避けたいという人も少なくないでしょう。

それに比べて、非金属チェーンの騒音と振動は、金属チェーンのようなことは無く、その点で優れています。また、ホイールへの傷の心配もほとんどありません。非金属チェーンは金属製に比べ値段は高いですが、こういった面から近年は人気となっています。

安価な点が魅力のチェーンですが、金属製・非金属製に関わらず、雪のない路面を走行する際は外すのは基本です。スタッドレスタイヤなどのように、一度装着したら冬の間ずっとそれで過ごすという訳にはいきません。タイヤチェーンのメリットとデメリットをよく理解した上で、冬の雪道対策を検討しましょう。