初心者のためのくるま講座 文字で学ぶ

エアコンを上手に使って快適にドライブ~外気循環と内気循環の違い

投稿日:

車を運転していて、窓を開ければさわやかな風が入ってきますが、高速道路や渋滞など空気の悪い所などで窓を閉めてしまうと車の中が暑かったり寒かったりします。またジメジメした梅雨時など快適に過ごすためにエアコンは絶対に必要ですね。

外気導入と内気循環って?

エアコンには「外気導入」と「内気循環」があるのをご存知ですか!?

どちらを選ぶ方がよいのか、どちらが効率的なのか迷っている人もいるかと思います。車のエアコンには「内外気切り替えスイッチ」があります。

外の空気を車中に入れる「外気導入」と、外気をシャットアウトし車内の空気を循環させる「内気循環」に切り替えるためのスイッチです。最近はオートエアコンになっている車が多くなり、「AUTO」スイッチを押せば内気・外気の切り替えを全部任せられるので効率的です。特に、外気との気温差が激しい時は、この「AUTO」機能を使えば自動的に設定温度まで内気循環、その後自動的に外気導入になります。

逆にマニュアルでエアコンを動かす場合、通常は外気導入を利用し、渋滞などで外気が汚れているときや空気の悪いトンネル内、急速に車内を冷やしたいときは内気循環を使用するようにします。

外気導入と内気循環のメリット

自動車メーカーが「外気導入」を奨める理由として、窓が曇りにくくなること、車内に外気を入れることで酸素不足による眠気を防ぐからです。またタバコ、香水、食べ物や飲み物などによる車内のニオイが気になる場合も、外気導入の使用を奨めています。最近の車はエアコンフィルターがついているため、外気を取り入れるときに入ってくる花粉やホコリ、砂ぼこりをかなり防いでくれますので、アレルギーの人も安心して使用できるようになっています。ただ、少し前の車種だとエアコンフィルターがついていない場合もあり、エバポレーターが汚れやすいという欠点があります。内気循環の利点は、外の汚れた空気が車内に入り込まないようにできますし、外気を遮断することで冷暖房の効きが良くなります。

<外気導入>

車内の換気
窓の曇りが取れやすい
酸素濃度を保てる

<内気循環>

冷暖房が効率的
外の排ガス・花粉・汚れやニオイが侵入しにくい
エアコンが効率的に稼働することでコンプレッサーの負荷が減り、若干燃費が良くなる

上記のようにメリット・デメリットを知ったうえで、どちらを主流にするかはドライバーの判断です。もし、その判断が面倒なら常に「AUTO」を選択すれば、自動的に設定された車内温度になるよう作動しますので手間が省けます。

特に暑い夏、車内の温度を急激に下げるため、風量全開や設定温度を18度に手動で下げなおす人がいますが、オートエアコンはその必要はありません。不必要に温度調節ダイヤルを動かすことで設定温度への到達に時間がかかることがあると取扱説明書(ステップワゴン:ホンダ)にも書いてあります。外気導入・内気循環を賢く利用したいですね。

-初心者のためのくるま講座, 文字で学ぶ
-, ,

Copyright© 元レーサーが教える優しい東京ペーパードライバー教習 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.