「1時間目 くるまの仕組みと交通ルール」 一覧

no image

2018/9/11

信号なし・止まれありの右折(2018年10月4日公開予定)

no image

2018/9/11

信号なし・止まれありの左折(2018年10月3日公開予定)

no image

2018/9/11

信号ありの右折(2018年10月2日公開予定)

no image

2018/9/11

ブレーキを多用するのは間違い!?(2018年10月1日公開予定)

2018/8/16

信号なし・止まれなしの右折

「信号なし、止まれなしの右折」はどうでしょうか? これも「信号なし、止まれなしの左折」と同様、青信号の右折とほぼ変わりません。ただ、横にわたる歩行者の安全確認は必須になります。 信号のある右折 信号と止まれのない右折

2018/8/16

信号なし・止まれなしの左折

交差点というのは、信号がある・ないに関わらず、必ずどちらかが優先・非優先と割り振られています。 信号機のある場合は青=優先、赤=非優先(この場合は停止)となり、それが一定時間で切り替えられているんですね。 信号機のない場合も優先、非優先と割り振られているのですが、信号のようにわかりやすい目安がありません。そこで活躍するのが「止まれがあるかないかで判断する方法」です。信号機がない交差点でも、止まれがない=優先道路となり、停止する義務はありません。ただ青信号と違うのは、横切る横断歩道の歩行者も出てくる可能性が ...

2018/8/16

信号ありの左折

信号が青の左折は 巻き込み 左の歩行者 だけ確認すればいいんです。なぜなら、右から来る車は赤信号で停まっていますし、対向車も右折してくる車なので優先権はコチラにあるからです。ですので、右は一切見なくていいことになります。 ポイント ちなみに交差点での優先順位は 1・直進車 2・左折車 3・右折車 です。

2018/8/16

まずは安全確認すべきところを覚えよう!!

交差点は2種類しかない 交差点には色々な形状があり、非常に複雑だと感じてしまいますが、それほど難しいものではありません。以下のチャートに沿うことによって、安全確認しなければいけない箇所を知ることができます。 1・信号のある交差点 左折 右折 巻き込み 対向車 歩行者 歩行者 2・信号がなく「止まれ」もない交差点 左折  右折 巻き込み  対向車 歩行者  歩行者 + 左右を渡る歩行者 3・信号がなく「止まれ」がある交差点 左折  右折 巻き込み  対向車 歩行者  歩行者 + 左右を渡る歩行者+車 &nb ...

2018/8/9

セルフステアリングってなに!?

「セルフステアリング」言葉を聞いたことはありますか!? これはカーブを曲がり終わる際、アクセルを踏むと同時にハンドルを離してあげると、ステアリングが勝手に真っすぐに戻ろうとする現象のことです。 初心者の方は、交差点やカーブを抜けるとき、自分でハンドルを戻そうとしてしまいます。でもそれって、すごく危険なんです。 なぜなら、ハンドルを戻すのが遅れてしまったり、アクセルを誤って急に踏んでしまったりすると、車はとんでもない方向に進んでしまい、衝突の原因になってしまいます。セルフステアリングは、ハンドルが勝手に真っ ...

2018/8/9

カーブの仕組みを理解する

カーブというものがどんな構造になっているかを知りましょう。 実はカーブって、図のような円の一部なのです。 すべてのカーブは円を描いた外周を走るように作られています。「円の外周」ですから、カーブはハンドルを一定にして固定しておけば、勝手に曲がれるように作られているのです。 [memo title="MEMO"]カーブの曲がり具合は「R(アール)=半径」で言い表されます。 100Rという大きさのカーブがあれば「半径100mのカーブですよ」という意味です。数字が小さくなればなるほど小さな円になりますので、この値 ...

Copyright© 東京の元レーサーが教える優しいペーパードライバー教習 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.