信号が青の左折は、

巻き込み
左の歩行者

だけ確認すればいいんです。なぜなら、右から来る車は赤信号で停まっていますし、対向車も右折してくる車なので優先権はコチラにあるからです。ですので、右は一切見なくていいことになります。

ポイント

ちなみに交差点での優先順位 ...

交差点は2種類しかない

交差点には色々な形状があり、非常に複雑だと感じてしまいますが、それほど難しいものではありません。以下のチャートに沿うことによって、安全確認しなければいけない箇所を知ることができます。

1・信号のある交差点左折右折巻き込み対向車歩行者歩行者2・信号がなく「止まれ」もな ...

左折時はなるべく小回りするとお伝えしましたが、右折の際は、交差点の中心を踏まない程度に大回りするようにします。

小回りしてしまうと、曲がった先で待機している車と衝突してしまう可能性がありますし、交差点の中心点を踏むほど大回りしてしまうと、対向の右折車と接触してしまう可能性があります ...

左折時と同様、右折時にも車を右に寄せていきます。

右折時に、右に寄せる理由は3つあります。

右折する意思があることを後続車に示す
左側を開けて、後続の直進者が進むスペースを空ける
なるべく右に寄ることにより、対向の右折車で見にくくなることを防ぐ

しかし ...

対向車や歩行者がいる場合、右折は左折と違い、横断歩道の直前で待つことができません。なぜなら、対向車の進路を妨害する可能性があるからです。

右折ガイドがあればどこまで進んでどこで待てばいいか一目瞭然ですが、ガイドがない場合は本当に待つべき場所があっているのか不安になってしまいますよね ...

右折の2大原則

右折も、安全確認しなければならない箇所は2つです。これを「右折の2大原則」と命名しました。逆を言えば、この2箇所さえチェックしていれば、それ以外でビビる必要はないのです!!

右折の2つの注意ポイントは「対向車」と「歩行者」です。「対向車」と「歩行者」さえなければ、いつ ...

停車車両を追い越すのが苦手!!

駐車に次いで皆さんが苦手にしているのが、この停車車両の追い越しでしょう。

今日はこの停車車両の追い越しを一緒に勉強していきましょう。

どうして停車車両の追い越しが苦手なのか!?

「うまく通れるかなぁ?」「うわっ、怖い」

カーブや交差点は円の一部でできている、というお話をしました。

これはどんなカーブでもどんな交差点でも、日本全国どのカーブもです。くねくね曲がっているカーブは、円の組み合わせでできているのです(たまに1つのカーブでも、複数の半径が入り混じったカーブがあります。これを複合カーブと言いま ...

左折時に「車を左に寄せる」のは、皆さんもご存じかと思います。

最近では、左折時に左寄せした車に自転車乗りが文句をつけてケンカになった

なんて記事もありましたが、左に寄せるのは当然のことです。

ではなぜ左に寄せるのか、理由を考えたことはありますでしょうか?今日 ...

「セルフステアリング」言葉を聞いたことはありますか!?

これはカーブを曲がり終わる際、アクセルを踏むと同時にハンドルを離してあげると、ステアリングが勝手に真っすぐに戻ろうとする現象のことです。初心者の方は、交差点やカーブを抜けるとき、自分でハンドルを戻そうとしてしまいます。でもそれ ...