【7-3】カーナビ地図の上手な見方1 | 曲がる回数を確認する

ちょっと宣伝です。
わたしのyoutubeチャンネルでは、あなたにぴったりの運転テクニックをわかりやすい動画で公開しています。質問にお答えする形で放送していますので、ぜひ登録・質問してみて下さいね!!

「カーナビの見方がわからない!!」

そういう悩みはとても多く耳にします。カーナビは運転しながら瞬時に判断をしなければならないため、危険を伴ったり焦ってしまう原因にもなってしまいます。

何を隠そう、私は極端な方向音痴。カーナビで通り過ぎることもたまにありますし、そもそもカーナビがなければ都内も首都高も目的地には着けないと思います。

余談ですが、18歳で免許を取って2日目。八王子で集合して静岡に行ってバーベキューをするつもりでした。当時はお金もなく、カーナビも持ち合わせておらず、今の中を通って静岡にたどり着く予定でした。

ところが・・・

一向に山の中から抜け出せない。2時間経って着いた先は、なぜか八王子の中野という土地でした。すでにお昼を過ぎていたので、その川沿いでバーベキューをしてそそくさと帰った覚えがあります。

何を言いたいのかというと「地図が読めなくても全く問題ない」ということ。

地図の読み方のちょっとしたコツを覚えれば、大体目的地の近くには着きます。そう、大体でいいんですよ、大体で(笑)

ということで、カーナビ画面のちょっとしたコツをお教えしますね。

実践練習

これはとあるナビのルートです。

緑の線が自分の通るルートを示しています。これをただ「この通りに走ればいいや」と考えていては、想定外なことが起こると対処できません。どんなことを考えて地図を読み取ればいいのか、私と一緒にカーナビの画面を勉強していきましょう。

このルートから読み取れることは、

  1. 今は「千駄ヶ谷三丁目交差点」付近にいて、上に向かっている(大抵のナビは上が進行方向になります)。
  2. 「北参道交差点」で左折し、次の信号(ここでは名前がない)を右折、あとはまっすぐ進んで代々木駅の前を通れ

ばよさそうです。

ただ、これだけでは2車線だった場合にどちらの車線を走ればいいか迷ってしまいますし、どのくらいの距離で曲がればいいのかわかりませんね?次の手順を追って、もう少し自分の運転をラクにしてあげましょう。

step1・曲がる回数を確認する

この地図を見る限り「北参道交差点」で左折1回、次の名無しの信号で右折1回すれば済みそうです。まずは、案内している緑色の線の折れ曲がっている回数と方法を頭に入れます。

ここで、あれ?っと思った方は、かなりカンのいい方です。何やらビミューに曲がっている箇所がもう一つあります。

確かにここはY字路にも見えるのですが、地図を見た限りでは右折とは認められません。理由は二つです。

  1. 右への曲がり方が角ばっておらず、ゆるやか
  2. 左斜め前に伸びる道路が一方通行の入り口(一方通行の入り口であれば、逆から進んでくる車がいないので右折の可能性がなくなる)

実際にどんな交差点か見てみると・・・

地図で見ると迷いそうな感じがしましたが、実際はそんな急なカーブですらないですね。こののように、地図で見る道路と実際では、だいぶ印象が異なります。

また地図メーカーも、緩やかに曲がっている道なりの直進と右左折の区別がつくよう、地図の描写を工夫していますから、慣れてくると地図を見ただけで判別できるようになります。