初心者のためのくるま講座

車検ってなに?

投稿日:

車検を動画で学ぶ

車検って、よく聞きますよね!?

「車検が来るから車を買い替えた」とか「車検の安いところがどこ?」とか。

でも、そもそも「車検」ってなんだか、正確に答えられますか?そして、知らないがために無駄なお金を払ってはいないでしょうか?

わたしはお金のない若かりし頃、1円でも安くしようと自分で整備、点検し車検を通した経験が2回ほどあります。その後、整備工場、ガソリンスタンド、車検専門店など、ありとあらゆる車検を経験し、酸いも甘いも実体験しています。

昨今はハイテクが進んだこともあり、昔の車検事情とはだいぶ違ってきています。今日はマイカーを持つと避けて通れない「車検」について、深堀してみましょう。

車検を一言で説明すると!?

車検は「車が安全な状態で走っていますか~?」と、国(国土交通省)が定期的に検査する制度で、新車で購入した場合は3年後、その後は常に2年おきに受けなければなりません。

車検期限の1カ月前から受けることができ、検査を通過すると「車検証」と「車検シール」を新たに交付してもらえます。

車検の検査項目って?

車検の正式名称は「自動車検査登録」。「検査登録」って言うくらいですから、車が安全な状態かを検査し、安全と認められた場合のみ、継続して登録できるんですね。
ではその検査項目とは、いったいどんなものなんでしょうか?

・同一性の確認
・外回り検査
・サイドスリップ検査
・ブレーキ検査
・スピードメータ検査
・ヘッドライト検査
・排気ガス検査
・下回り検査
・総合判定

このような検査項目があり、これらをすべて満たした場合にのみ、新しい車検証が発行されるわけです。

学校のテストをイメージしてもらうとわかりやすいのですが、テストと違うのは「車検はあらかじめ検査される項目がわかっている」という点。そしてその項目に不備がないよう、あらかじめ対策をしておかなければならないのです。ただし、学校の試験は80点でも構いませんが、車検は100点満点をもらわなければいけません。

そのために、車検に通す前に修理工場などで点検&整備を行ってから、車検を受けるのです(もちろん、これを行うことで部品代や工賃がかかってくるわけです)

ちなみに「車検を通したから当分は車は安全!!」と思いがちですが、これは間違い。車検は決まった項目しか確認しませんので、車検を通した翌日に窓が開かなくなる!!ということもあり得ます。

そこは、車検に通す前に「どのレベルまで整備するか」との兼ね合いでもあるのです。

車検の費用

車検の費用って、実はあまり知られていないですよね?

「外車は車検が高い」「だから外車は維持費がかかる」
となんとなく思っている方も多いと思います。

実は「車検に係る法定費用は、国産も外車も同じ」です。
何が違うのかというと「車検を通すまでの点検整備に係る金額で差がつく」のです。

例えばライト一個が切れてしまった場合。
国産車では、オートバックスで汎用品を買ってささっと付けられるようなお手軽な値段ですが、外車の場合は取り寄せが必要だったり、取り換え工賃が発生したりと、部品一つとっても差が出てくるわけです。

それがタイヤ、オイル、駆動系など車全体でトータルすると・・・
その差が「車検費用の違い」になって現れるのです。

ポイント

車検に係る費用=法定費用+部品代+整備費用(+車検代行費用)

詳しい法定費用はこちら(http://www.bubu.co.jp/~bubu/Image/syaken.pdf

車検はどこで受けられるの?

車検は国(国土交通省)が実施する検査ですから、お気軽にそこらで受けることはできません。基本的には陸運局というところで車検を受けるのですが、車検を通すには二つのスタイルに分けられます。

1.ユーザー車検

先述した車検期間である陸運局に自分で車を持ち込み、検査を受けます。車検項目の点検整備は自分で行うことになりますので、車の整備ができるレベルでないと難しいです。うまくいけば法定費用(後述)だけで通すことができるので出費を最小限に抑えることも可能ですが、
・最近の車は電装部品が多くなっており整備が難しくなっていること
・安価な車検業者が普及しているので金額差がなくなっていること
・最低2日(点検整備&陸運局に行く)は時間を取られるので効率が悪い
ため、個人的にはオススメできません。

自分で陸運局に持ち込む

事前整備を自分で行い、対策をしたうえで持ち込むのですが、検査時に不合格項目があってもすべて自己対応。部品がない、計測機械が近くにないなど、その場では対応できない指摘を受けて後日再受験・・・なんてことも。

ユーザー車検代行業者

陸運局に持ち込んで検査を受ける作業を代行してくれる業者です。
基本的に持ち込み、検査を受けるという部分を肩代わりしてくれるだけなので、点検整備や不具合時の対応は自分でやらなければならなくなります。

2.車検業者

業者の施設まで車を届ければ、そこから先の検査や手続きはすべて業者側が対応してくれるタイプの車検です。
下記のいくつかの業者が存在していますので、自分の好みの業者を選ぶといいでしょう。

1.ディーラー

自動車メーカーの正規販売店で車検を受けるのが「ディーラー車検」です。
車を製造、販売しているメーカーですので、使用するパーツや消耗品はすべて純正ですので、品質、相性は安心できます。
また、車検後の保証がついていることが多いので、サポート面は万全です。

一方、他の業者に比べて圧倒的に高価ですので、びっくりするような車検費用になることも多いです(特に外車)

2.車検専門店

「車検の〇〇」というように、車検を専門で行っている店舗のことです。
車検単体で利益を上げなければいけないので、若干割高になりがちです。私も見積もりを取ってビックリした経験があります。

3.カー用品店&ガソリンスタンド
オートバックスのようなカー用品店でも、車検を受けることができます。
ちなみに「車検を受けるとガソリンが〇円引き」というフレーズをよく聞きますが、それも車検費用に乗っかっていることが多いので惑わされないように。。。

4.民間整備工場

いわゆる車の修理屋さん。
実は、修理工場には指定工場と認定工場があり、指定工場は自分の工場に車検ラインを持っており、その場で車検を通せてしまうのです。

私のオススメする方法です。
近所で評判のいい整備工場(できれば指定工場)を探し、そこにお願いするのです。

ただ工場にも得意不得意があり「トヨタ系が得意」とか「ヨーロッパの外車が得意」など特徴があります。
その工場に置いてある車がどんな車種が多いかも併せてみておくと安心です。

車検を任せる業者の選び方

昔は車検の通し方次第では数万円の差がでることもあり、ユーザー車検で車検を通したり、業者選びが重要でした。しかし車のハイテク化が進んで自分で整備をすることが難しくなり、車検業者も増えたことで、どこに頼んでもあまり差がない状況になっています(ディーラーで車検を通す場合を除く)

一番のオススメは「地域で評判のいい修理工場にお願いする」です。近所にかかりつけの修理工場があれば、車検、修理、トラブルの時にいつでも相談できます。しかし、車検のみ他業者に頼んでしまうと、修理履歴や車の傾向などがわからなくなってしまいます。また、修理業者と仲良くしておくと、中古車の購入時なども便利です。

ただ、運転に慣れていない方やペーパードライバーさんは「評判まではわからないよ」という方がほとんどだと思います。そういう場合は、下記のような車検比較サイトを利用するのも一つの手です。

ホリデー車検



楽天車検



修理工場を探すなら


こちらも見てね!

2019/9/20

勝手にクラウドファンディング

勝手にクラウドファンディング このサイトが「役に立った!!」と思ったら「勝手にクラウドファンディング」にご協力ください。 当サイトでは「ヒトの知識を無料開放したら、社会貢献することができるのか?」という社会実験をしています。知識を有償にすると、恩恵を受けられない人が出てきます。無償にしてしまうと、ロクでもない情報が氾濫します。 本来有償で提供すべきコンテンツを無料開放し、人類のレベルアップにつなげる。その知識に価値を感じた方が、対価を支払う。 ですので当サイトでは有料コンテンツを作ることも、鬱陶しい広告も ...

Featured Video Play Icon

2019/9/16

【3右左折】ザ・右折vol1【右折の基本から矢印信号、時差式信号のコツを解説!!】

Featured Video Play Icon

2019/9/14

【視聴者さんからの質問】急カーブで対向車とぶつからないための自衛策は!?

Featured Video Play Icon

2019/9/11

【1交通ルール】南福岡自動車学校さんのスマホアプリ「DON!DON!ドライブ学科試験チャレンジ」で交通ルールを復習しよう!!

Featured Video Play Icon

2019/9/10

車検ってなに!?初心者でもよ~くわかる、車検の種類と仕組み、オトクな車検を教えます!!



Copyright© 元レーサーが教える優しい東京ペーパードライバー教習 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.