運転しづらいのはヘッドライトが暗いから?!適正ライトはコレ!

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

昔の車には白熱灯が使われていました。
その後ハロゲンランプが開発されると、各車メーカーはこぞってハロゲンランプを採用。当時ではハロゲンランプは画期的に明るいとされていましたし、暖色系で淡い色合いは当時の車にとても良く似合っていました。
アンティークの車にはやはりハロゲンランプの方が趣があってオシャレ感が倍増します。ところが消費電力と発熱量がとても高いのがネックです。雪が積もる地域では敢えてハロゲンランプを使用される方もいます。ヘッドライトの上に雪が積もっても、熱で雪が溶けるという利点があるからです。

時代が進むと共にライトにも様々な変化が訪れ、現在の車のヘッドライトには、LEDが当たり前のように使用されるようになりました。

家庭でも街のイルミネーションでも積極的に使用されるLEDライトは、その消費電力がとても少ないという特徴があります。かつて電球を触って「熱っ!」という経験をされた方も、LEDライトでしたらその心配はありませんし、寿命がとても長いので経済的でもあります。

そんな良いことずくめのLEDライト。さぞかし明るく道を照らしてくれているのだろうと、多くの人が思い込んでいます。でも何だかパッとしない明るさに疑問を抱きつつ、いやいやLEDだからそんなことはあるはずがないと思いながら運転している人が多いのも実際のところなのです。

実はそのもやもやした感情は当たっています。
LEDのヘッドライトはそんなに明るくないのです。明るいように見えるだけなのです。ドライバーにとっては運転しづらい光量なのです。
LEDがヘッドライトに採用されている理由は、明るいからではなく、配光制御や省エネのためです。

ではどのライトが一番明るく、ヘッドライトに適しているのかと言えば、ズバリHIDです。
HIDはハロゲンの後に出てきたライトで、放電により光を発生させます。この放電という特徴のおかげで強い光を得ることが出来、また光源が点に近い状態になりますので、よりシャープで見やすい投光を放つという優れものです。

もしあなたが運転しづらさを感じているのなら、それはヘッドライトに問題がある可能性もあります。
他社製のLEDに変えたところで明るさは変わりませんし、中には車検にさえ通らないバルブもありますのでご注意を。LEDの方が点灯速度が速く、最大輝度にいち早く達しはするのですが、明るさの点ではHIDには敵いません。
一度、HIDに交換されてみることをオススメします。装着に多少の手間は掛かりますが、安い物でもHIDなら光軸が出ますし、色や明るさも好みに応じて選べます。
他社製のHIDバルブを購入する際には、事前に自分の車の規格を確認して下さいね。D2R、D4C,D4Sなどの規格がありますので、合ったものをチョイスして下さい。

コメントを残す