最新テーマパークはサービスエリアだ!斬新な施設を一挙ご紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

高速道路を利用したことのない方は殆どいらっしゃらないのではないでしょうか。
家族でドライブ旅行や修学旅行のバスの旅で高速道路は利用しますよね。その際、必ず立ち寄るのがサービスエリア。

トイレ休憩、ガソリン補給、ちょっとした飲食のための施設は高速道路には必須です。
昔はサービスエリアで提供されている食べ物と言えば、ドリンクの自動販売機にフードコートでカレーや麺類、丼物を頂く程度でしたし、そこに簡単な公衆トイレがあるのが普通でした。

しかし、近年そのサービスエリアのあり方に劇的な変化が訪れています。
目的地に行くために立ち寄っていたはずのサービスエリアが、目的地そのものになっているのです。

「今日はサービスエリアに行こう!」という休日の過ごし方が実際に増えており、サービスエリアを利用するために高速道路を使うという現象が起きています。

きっかけはメディアでサービスエリアが何度も取り上げられた事に始まります。最初は渋滞情報のついでに紹介されていた程度でしたが、次第にサービスエリアでしか食べることの出来ない美味しそうな商品の情報紹介に多くの人が魅了され、やがてそのサービスエリアが人気の観光スポットに。他のサービスエリアでも集客しようと、流行りのレストランをオープンさせたり、そこでしか購入できない目玉商品を開発したりするようになりました。

温泉を併設する所なども出現し、サービスエリアはもはやテーマパークと言っても過言ではない施設に成長しました。サービスエリア巡りが出来るバスツアーも誕生しています。

今では全国各地の高速道路に、一度は訪れてみたいと思わせる名物サービスエリアがあります。

人気・オススメ、サービスエリア5選

・東名道の海老名サービスエリア

何と言ってもここは外せません。
ここがテーマパーク化への発端の地と言っても良いでしょう。こちらで販売されているメロンパンが火付け役となりました。そのメロンパンの人気は今もなお衰えを知らず、全国各地から多くの人が海老名サービスエリアへ足を運んでおり、メディアにも頻繁に登場しています。

・中央道の諏訪湖サービスエリア

絶景スポットです。霧ヶ峰連峰から八ヶ岳に渡って一望できる贅沢な観光地でもあります。そしてこの絶景のもと、温泉に入れてしまうのです。ハイウェイ温泉諏訪湖で疲れを癒やしてみてはいかがでしょうか。

・関越道の上り、寄居パーキングエリア

多くのサービスエリアは道の駅風で、地元で取れた野菜やお土産品が置かれていますが、ここはちょっと違います。
まさにこだわりを持って作られたテーマパークです。

通称「寄居星の王子さまパーキングエリア」と呼ばれていることから分かるように、テーマは星の王子さまです。
車から一歩降りれば、そこはもう異国の地、星の王子さまの世界が目の前に繰り広げられています。南プロバンス風の建物を眺めながら散策も楽しいですし、レストランに入ればそのメニューにも星の王子さまを感じることができ、わくわくするのではないでしょうか。
星の王子さまファンならずとも、立ち寄って損はないパーキングエリアです。

・新名神高速道路の宝塚北サービスエリア

宝塚ファンにはたまらないサービスエリアがここです。
定期的にOGによる宝塚ショーが開催され、宝塚歌劇グッズが手に入ります。

そして最も注目すべきポイントがトイレです。女性目線で作られたそのトイレは、女性トイレの広さを男性用の倍以上にし、長蛇の列を無くす努力をしています。照明には美しいシャンデリアを使用し、個室それぞれに手洗い器を設置。それにより化粧直しの人で手洗い場が占領されてしまうような事も無くなりましたし、ゆっくり化粧直しも着替えも出来ます。
長距離運転手には有り難いシャワー施設ももちろん用意されています。

・大分道の別府湾サービスエリア

オシャレな郷土料理が楽しめるのがここです。ちょっと懐かしい古き良き時代の日本の雰囲気があるサービスエリアは、他のテーマパークのようなサービスエリアとは違い、のんびりとした気分が味わえます。
眺望も良く、別府湾はもちろんのこと、四国まで一望できます。

以前はパーキングエリアと言えば、トイレのみが一般的でしたが、寄居パーキングエリアのように変わりつつあります。
次回のドライブはパーキング・サービスエリア巡りをしてみても面白いのではないでしょうか。

コメントを残す