初心者のためのくるま講座

方向指示器の正しい使い方

投稿日:

クルマを運転される方なら毎回、当たり前のように使っているウィンカー(方向指示器)。

周囲の車や歩行者との重要なコミュニケーションツールの一つです。右方向に進むのか?左方向に進むのか?選択肢が2種類しかない分、一歩間違えたら大事故に繋がり兼ねません。

今日はこのウィンカーの正しい使いかたを、3種類に分けて一緒に勉強していきましょう!!

交差点でのウィンカーの使い方

交差点の何メートル手前から出すのか覚えていますか?

答えは30メートル先です。交差点で左折、または右折をするときには、交差点の30メートル手前からウィンカーで方向を示さないと合図不履行で違反とみなされることがあるので気をつけてください(ほとんどありませんが)。

ここで注意すべきは「ウィンカーを出してからブレーキを踏む」ということ。

最近多いのは、ブレーキを出してからウィンカーを出す人です。いきなりブレーキを踏むと、後続車に迷惑をかけるどころか追突されてしまう恐れがあります。意図的ではなくとも「あっ、っここで曲がるんだった」と目的地を行き過ぎてしまうと、とっさにブレーキを踏んでしまうものです。

「まずはウィンカー」

これを日頃から習慣にして曲がるように訓練しましょう。

車線変更時のウィンカーの出し方

あなたは、線変更をするどれくらい前から指示器を出していますか?実際には、このことに意識を集中して運転される方は少ないと思います。

車線変更は、教習所で教わったような「バックミラー、サイドミラー、目視をしてウィンカー、さらにバックミラー、サイドミラー、目視をして実行」なんて悠長なことはやってられません。

コツはあらかじめサイドミラーで後方の流れを確認しながら「イケる!!」と思った時にウィンカーを2秒くらいつけて実行するのがポイント。「ウィンカーをつけてから安全確認」ではなく「安全確認して、イケると思った時に行く」のがミソです。

ただ、ウィンカーをロクにつけずに車線変更したり(コレ、めっちゃ多いです)、ウィンカーをつけたと同時に実行するのはNG。後続車が確認できる時間=大体2秒くらいウィンカーをつけることによって、周りに迷惑をかけずにスマートに車線変更することができるのです。

側道などから本線道路などへ合流するときのウィンカーの出し方

幹線道路(側道)から右側にある本線道路に一旦停止することなく、速度を上げたり保ったりしながら車の走行状況に応じて合流する場合。これは、右側の道路への車線変更とみなされるので右側の指示器を出す必要があります。この考え方は「付加車線」での走行ルールを基にしています。

しかし、上記と同じように幹線道路(側道)から右側にある本線道路に合流する場合でも、合流地点に一旦停止線が引いてある場合は、曲がった先、左方向へ向かうという意味の指示器を出す必要が出てくるのです。ややこしいですね。これは、この合流地点を交差点とみなすという考え方なのだそうです。一旦停止線の有無で真反対の方向指示器を示すことになります。

「合流地点で結局、どちらの方向に指示器を出すのが正しいか?」と運転中に考え込んでしまうと、とても危険なので、合流地点におけるポイントを簡単にまとめてみました。
”チェックするのは一点停止線の有無”です。

一時停止線がある場合は、交差点と同じく進行方向を指し示しましょう。一時停止線がない場合は、車線変更と同じく、合流先の車線がある方向の指示器を示しましょう。

-初心者のためのくるま講座
-, ,

Copyright© 東京の元レーサーが教える優しいペーパードライバー教習 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.