完全停止無視はオートマ車の危険な操作です

昔とは比べ物にならないぐらい高性能になり、さらに運転しやすくなった車。その変化には目を見張るものがありますが、それに伴い、ドライバーが安全の為にしっかりと把握しておかなくてはいけないポイントがあります。

その一つが、リバースレンジに入れて車をバックさせている時、ドライブレンジにシフトしてはいけないということ。

基本的にはコンピュータ制御により、オートマ車(AT)や無段変速機(CVT)などはシフトチェンジ出来ないようになっています。もしくはその動作直前に、エンジンコンピューターがエンジンに何かしらの不具合や故障を起さないよう、自己防衛機能として自らエンストをさせてしまうでしょう。なぜなら一旦停止せず、逆方向に回す力をトランスミッションとエンジンにいきなり加えるというのは、想像以上に多大な負荷をかけることになるのです。

コンピューター機能に何も問題がなければドライブレンジには入らないはずです。しかし、コンピューターがいつも万能であるとは限りません。実は何かの拍子に偶然シフトチェンジできたり、コンピューター自体に不具合が生じていたりして、シフトチェンジ出来てしまう時があるのです。
こうなると大変です。パワステの機能やブレーキの倍力装置を失ってしまう、そんなトラブルを抱える事態になってしまいます。
自分のクルマにこのような問題が発生している事を知らずにそのまま運転を続けていると、大事故に繋がることは目に見えています。そのまま急な坂道に差し掛かれば、確実にコントロール不能になってしまうでしょう。

リバースレンジに入れてバックさせ、次の動作に移る時は、フットブレーキを使って必ず車を完全に停止させてから、ドライブレンジやパーキングレンジに入れることを体に叩き込みましょう。完全に車を停止させないで次の動作に移ろうとすると、ロック機構が破壊されてしまいます。
車の運転に慣れていない方、駐車に慣れておらず焦ってしまう方は特に注意が必要です。

コメントを残す