どうして外車はレギュラーガソリンを入れてはいけないの!?

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

輸入車(欧州車)っておしゃれですよね。

デザインも格好良くついつい憧れてしまいますが、ガソリンがハイオクしか使えないという事で、敬遠してしまう方々が多いのも事実です。だから輸入車に乗っている方はお金持ちだなぁ、っていうイメージを持ってしまいます。

ではなぜ、輸入車はハイオクしか使えないのでしょうか?

オクタン価(か)ってなに?

その前によく聞く「ハイオク」ってなんだかわかりますか?

ハイオクを日本語で表すと「高オクタン価ガソリン」。オクタン値が高いガソリンのことをいいます。ではこの「オクタン価」って、一体なんでしょう?辞書で調べると

ガソリンのノッキング(=異常爆発)がおこらない性質の程度をあらわす数字。数字が大きいほど性質がよい。

と説明されています。簡単に説明すると「オクタン価が高いほど、エンジンの燃焼が正常に行われる」と覚えて頂ければ問題ないかと思います。

日本とアメリカ、欧州のガソリンの質は違う

では実際に日本とアメリカ、欧州のガソリンのオクタン価を比較して見ましょう。

日本のレギュラーガソリンのオクタン価は、アメリカのレギュラーガソリンと同じです。ですので輸入車でもアメリカ車であれば、ほとんどがレギュラーガソリン仕様で大丈夫なんです。

ただ、欧州車になるとこのオクタン価が違ってくるんです。日本車の場合はレギュラーで90、ハイオクで100くらい。これに対して欧州車はレギュラーで95、ハイオクで98となっています。

レギュラーハイオク
日本/アメリカ90100
欧州車9598

日本のレギュラーガソリンはオクタン価が5ほど少ないため、ハイオクを入れるしか方法がないんです。これが「ベンツやBMWはハイオク」となるゆえんなのです。

欧州車メーカーが日本のレギュラーガソリンの規格に合わせない理由

ではなぜ、欧州車メーカーは日本のレギュラーガソリン仕様に合わせないのでしょうか?そりゃそうですよね。日本車は海外向けにカスタマイズして輸出(現地生産)しているのに、欧州車は現地の企画そのまま、日本の地で販売しているのですから。

一番の原因は「コスト」です。

ただでさえ高い関税がかかるのに、わざわざ輸出する車だけそのような変更を行う事で、余計なコストがかかることを避けたい狙いがあります。

欧州車の各メーカーとすれば、日本向けの輸出は全体の生産台数からすると微々たるもの。そのためにわざわざコストをかけていられない、ということでしょう。また、日本では「外車=高級品」というイメージがありますので、わざわざ安価なレギュラーガソリン仕様にしてブランドイメージを落としたくないという側面もあります。

輸入車を購入する層は性能やステータス、スタイリングを重視しているので、ハイオクかレギュラーかは大した問題ではないのです。

まとめ

ここ数年、輸入車の販売台数が伸びてきています。国産車から乗り換え組もどんどん増えてきているそうです。ハイブリッドもジワジワ浸透しているので、欧州車の「日本のレギュラーガソリン仕様」は日の目を見ることもなく、電気自動車に置き換わってしまうでしょうね。

 

コメントを残す