大ピンチ!!交通渋滞なのにトイレに行きたい・・・

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

普段のドライブ中は意識していなくても、交通渋滞に巻き込まれると何故か急にトイレに行きたくなってしまうような事はありませんか?私はあります(笑)おなかが弱く、トイレが近い私にとって、小まめなトイレ休憩は死活問題でもあります。

渋滞が分かっていれば、事前にトイレを済ませておくことも出来たはず。飲み物だって車内で飲まないように控えることが出来たはずなのに、事故などで突然始まってしまった交通渋滞に大焦りした経験を持つ方は少なくないのではないでしょうか。

一般道でしたら脇道にあるコンビニ等のお店に飛び込めば何とかなります。問題は高速道路。そもそも高速道路にはトイレが少なすぎるのです。

パーキングエリアは10キロ毎ぐらいにありますが、車の流れがストップしたり時速10Kmを超えなければ、トイレの場所までは1時間以上掛かってしまうのです。おお、こわっ。私のようにトイレに好き(笑)にとってこれは地獄です。

そして更に問題なのが、女性のトイレ問題でしょう。高速道路だけではなく、人が多く集まるイベント会場、駅、公共機関での女性用トイレの数が圧倒的に少ないため、渋滞など人が集中する時には常に長蛇の列となっているのです。

ようやくパーキングエリアに到着しても、女性の場合は更に待たなくてはいけません。このような状況をどう乗り切ればよいのでしょうか。

備えあれば憂いなし

ドライブでの行楽は楽しいものです。車内で気軽につまめるおやつやドリンクを用意されるでしょう。夏でしたらキンキンに冷えたドリンクを片手にドライブなんて事もあるでしょう。
熱中症対策としてこまめに水分補給はしなくてはいけませんし、特に小さいお子さんがいる場合は大切な事です。しかし冷たい飲み物を摂取すると、いつもよりトイレが近くなってしまうのも事実です。喉越しが良いため、ついつい沢山飲んでしまいます。渋滞で困った事にならないよう、飲み物は出来るだけ常温か温かいものにし、摂り過ぎないように意識するだけで随分違ってきます。

またこのトイレ問題は、人間誰しも一度や二度は経験している問題なので、簡易トイレの商品が沢山販売されています。交通渋滞の時だけでなく、登山やキャンプの時、そして災害時でも同様の問題が起こるため、簡易トイレ商品の種類はとても豊富です。実際に車内で使うには抵抗があるかもしれませんが、いざという時のために備えておいても損はないでしょうし、そこに何かしらのバックアップがあると思えるだけで、少し心に余裕がもたらされるのではないでしょうか。


 

男性の心配り

交通渋滞時のトイレ問題と言った時に、皆さんは自分のトイレの事情だけを思い浮かべたと思います。

もしあなたが男性なら、知っておいた方が良い事があります。それは女性はトイレの事をあまり口に出したがらないということです。

男性はトイレに関してあまり気にしていないでしょうから、好きなタイミングに行くようですが、女性は男性がトイレに行く時に合わせたり、タイミングを見計らう傾向にあるのです。つまり我慢しているのですね。

体にも良くありませんし、我慢しすぎてお腹が痛くなる人だっているぐらいです。
女性ならではの羞耻心からかもしれませんが、男性はその点を配慮して、パーキングエリアにこまめにストップしたり、意識してトイレにいく機会を増やしてあげたりすると良いですね。特にドライブデートに行く女性には嬉しい心配りであり、気の利く男性だと印象がアップします。

まとめ

問題は男性目線でしかトイレが作られていないことにあります。
高速道路のパーキングエリアなどで、いつも行列をなしているのは女性用トイレの方です。男性の方はガラガラです。女性の方がトイレの使用に何十倍も時間が掛かるのは大昔から明らかなのに、未だに同じスペース、同じ数でしかトイレを設置していないのです。デパートなどではその辺の改革が進められているようで、改革を行った商業施設の売上が伸びているという結果を得ています。

男性の方はこの状況を認識しておくと、ドライブはもちろんのこと、女性との関係もスムーズに行くのではないでしょうか。

コメントを残す