カーエアコンの「外気導入」と「内気循環」を、あなたはどのように使い分けていますか?

「内気循環」の多用には注意が必要です

カーエアコンには「外気導入」と「内気循環」という二つの設定があります。「外気導入」を設定すると、外気取り入れ口が開放されて車外の空気が車内に流入します。これにより車内の換気が積極的に行われます。「内気循環」に設定した場合は、外気取り入れ口が閉じられ、積極的な外気の導入はなされません。エアコンから吹き出す風が車内を循環する状態となります。では、この二つの設定、どのように使い分けるのが正しいのでしょうか。

「外気導入」と「内気循環」の二つの設定が自動で切り替わる車種もあります。ですが、そうでない場合、ついどちらかの設定のままで切り替えをあまり行わないという人もいそうですね。もし、どちらかの設定のまま切り替えをほとんど行わないとしたら、その場合はをどちらにしておくのがベターなのでしょうか。

基本的に、この問いへの答えは「外気導入」となります。これは、安全に走行するためなのです。エアコンを「外気導入」に設定し外の空気を積極的に取り入れれば、窓が曇りにくくなり、良好な視界を確保できます。また、社内のCO2(二酸化炭素)濃度を下げることができるのです。CO2は眠気を起こさせる原因のひとつとされています。一般に車内に比べ車外のほうがCO2濃度は低いですから、外気を取り入れることでCO2濃度の上昇を防ぎましょう。

では、「内気循環」設定はいつ使用するのでしょう。自動車の取扱説明書では多くの場合、トンネルや渋滞など外気が汚れている時や、早く冷暖房したい時に「内気循環」の使用を勧めています(通常時は「外気導入」にしておく)。ではもし、ずっと「内気循環」のままにしていた場合、車内はどういった状態になってしまうのでしょうか。各車種の性能によって異なりますが、通常セダンタイプの車に二人で乗車し「内気循環」の設定で一時間、都内の道路を走行すると、CO2濃度は4000ppm程度になるのだそうです。日本産業衛生学会では、

労働者が1日8時間、週40時間程度、肉体的に激しくない労働強度で有害物質に曝露される条件下において、CO2濃度については5000ppm以下であれば、ほとんどすべての労働者に悪影響がみられない

とされており、5000ppmがひとつの目安となっています。この目安である5000ppmに対して4000ppmですから、それなりに高めの数値であるともとらえられます。どうやら、うっかり「内気循環」のままにしてしまうのは良いことではなさそうです。しかし安心なのは、車には通常、低酸素状態になってしまうことを避けるために喚起口(ドラフター)が付いており、もしうっかりして「内気循環」のままにしてしまっていても、CO2濃度が急激に上昇することはありません。

エアコンのオート設定とはどんなものか

エアコンにオート設定がある場合、「外気導入」と「内気循環」はどのように切り替えられているのでしょう。

日本車の場合、多くは手動で設定した「外気導入」「内気循環」どちらかの状態を維持しますが、次のような車種もあります。内と外の気温差が大きい場合に、エアコンをオンにした段階では「内気循環」となり、車内が設定温度に近くなると「外気導入」に切り替わるというものです。

欧州車には、手動で「内気循環」設定にしても、自動的に「外気導入」に戻ったり、0.5時間にに一度、30秒間くらい「外気循環」になったりするものがあります。長時間の走行が多いヨーロッパならではの、CO2濃度上昇を気にかけた結果です。

一部高級車には、外気に含まれる排ガスの成分(窒素酸化物や炭化水素など)を感知し、それらが多いと判断したら「内気循環」に切り替わり、問題なしなら「外気導入」に戻る機能を持つものもあります。このタイプの車種で温泉地を走ると、硫黄成分を感知して「内気循環」に切り替わることがあります。

その時の状況に応じた設定にしましょう

夏などの非常に湿度が高い日でも常に「外気導入」の状態がよいかというと、やはりその時々の状況によります。ただ、CO2濃度に関しては、一般的に外気の方が低いですので、エアコンを使って除湿しながら「外気導入」設定とすることをお勧めします。

なお、運転席と助手席は涼しくても、後部座席がなかなか涼しくならないということがよくあります。そのような場合、中央の吹き出し口を後部座席に向けるのが正解です。左右の吹き出し口は、エアコンからの風がサイドの窓ガラスにあたって流れるため、風の温度が上がってしまい効率が悪いのです。

 

コメントを残す