元レーサーが教える「女性のための」ペーパードライバー講習3時間目 | 左折と右折のれんしゅう

 左折の2大原則と大まかな流れ

左折には、注意しなければならない箇所が2つあります。これを「左折の2大原則」と命名しました。

 

左折の2つの注意ポイントは「巻き込み」と「歩行者」です。要するに、「巻き込み」と「歩行者」さえなければ、いくら左折しても構わないのです。このポイントを理解していないと、信号機のある交差点でも一時停止をしてしまったり、右から車が来るのではないかと右を見てしまいます。

 

一見「石橋を叩いて渡る」と実践しているようで安全な気がしますが、後続車に迷惑をかけるばかりでなく、追突されるリスクが大幅に増してしまいます。慎重すぎるのは、かえって危険なんですね。

 

左折の一連の流れは、この2大原則(「巻き込み」と「歩行者」)を確認するための作業です。巻き込みを防ぐために左に寄せ、横断歩道に人がいれば横断歩道の直前で停止(ギリギリまで進んでかまいません)いなければスムーズに通過します。

 

では、図で左折の流れを見てみましょう。

5

 

 

【やってみよう】

信号のある交差点を、左周りに1~2周します。周回を終えたら再び、ハザードランプをつけて停車します。

 

【チェックポイント】

1・アクセルとブレーキの感覚を感じられましたか?

アクセルとブレーキの踏み心地はだいぶ違いましたよね?アクセルが柔らかく、ブレーキは固く感じられたと思います。

 

アクセルは急に踏むと、車が予期せぬ挙動をします。アクセルは「じわ~」っと踏むイメージです。

 

ブレーキに関しては、教習所では「ポンピングブレーキ」という手法を習ったと思います。減速する際、一度にブレーキを踏むのではなく、数回に分けてブレーキを踏む、という方法です。

 

これは全くオススメできません。

 

ポンピングブレーキは「後続車に減速する」という意思を示す、という理由でやるらしいのですが、毎回何度もブレーキを踏むというのは疲れますし、乗っている方も酔ってしまいます。これは教習所で教ている、全く意味のない運転方法のひとつです。

 

理想的なブレーキは、

1・停止したい位置を定める

2・「少々早いかな?」と思うような位置で減速を始める

3・いつでも停止できるようなスピード(10km/h~20km/h)になったらブレーキを離す

4・停止したい位置に合わせる意識でブレーキを踏む

このように、2回のブレーキが理想的です。

 

このブレーキング方法は、交差点に応用できます。

1・曲がりたい交差点を定める

2・「少々早いかな?」と思うような位置で減速を始める

3・いつでも停止できるようなスピード(10km/h~20km/h)になったらブレーキを離し、交差点に進入する

4・歩行者がいれば横断歩道の直前で停止し、いなければそのまま通過する

実はブレーキって、交差点内やコーナーでは踏まないんですね。このことはまた後で詳細を説明します。

 

逆に、ブレーキで一番やってはいけないことって、何かわかりますか?

 

それは「最短距離で停まろうとするブレーキ」です。

 

前方の信号が赤になっているなど、この先必ず停まらなければならないであろうにも関わらず、ぎりぎりまでブレーキを遅らせ、「ギュー」っと強めのブレーキで車を止めようとする方です。この方法で減速してしまうと、目測を誤ったり路面が凍結していた場合など、何らかの要因でブレーキが遅れてしまった場合、即事故につながります。早い段階で、いつでも停止できるようなスピード(10km/h~20km/h)まで減速することにより、どのような外的要因があっても対処できるようにしておくのです。

 

「ブレーキは2回。最初に強め、あとは調整」が鉄則です。

 

2・ハンドルの感覚の曲げ方は理解できましたか?

ハンドルを曲げた際、自分の思い描く走行ラインと実際に車が走るラインが違うことがあります。実際に走ってみて、自分の思い描くライン通りに走れましたか?

 

多くの方は「自分の思ったラインより外側に行ってしまった」か「自分の思ったラインより内側に行ってしまった」という方がほとんどだと思います。

 

自分の思い描くラインと実際に車が走るラインが違ってしまう原因は、スピードが原因です。図をご覧ください。

6

 

車には、ハンドルを切る角度が同じでも、スピードが速くなればなるほど外側に膨らむ習性があります。逆にスピードが遅くなればなるほど、車は内側に切れ込んでゆきます。

 

つまり

・「自分の思ったラインより外側に行ってしまった」場合は、自分の想像よりもスピードが速すぎた

・「自分の思ったラインより内側に行ってしまった」場合は、自分の想像よりもスピードが遅すぎた

ということです。いずれも、自分のイメージと実際の運転が違っているということです。もしこれがスピードの速いカーブだったら・・・対向車線にはみ出したり、内側の縁石にひっかけて事故につながってしまいますよね?

 

これを防ぐには、交差点を曲がるスピードを一定にしてしまえばいいのです。

 

ほとんどの交差点は、90度のカーブです。そこで、10km/hなら10km/h、15km/hなら15km/hと交差点に進入するスピードを決めてしまうのです。交差点ではやるべきことが多いので、スピードメーターを気にする余裕はないかもしれませんが、チラっと、自分がどのくらいのスピードで侵入しているのかを確認します。

 

そして、自分の決めたスピードまで減速して、交差点を抜ける練習を繰り返すのです。そうすればスピード超過で交差点に進入することもありませんし、車が予期せぬ挙動をすることもありません。まずは交差点への侵入速度を一定にする。そうすればあとはハンドルの切り方だけです。

 

自分の思い描くラインとスピードが一致するよう、練習を繰り返しましょう。

 

3・自分の走るべき場所はわかりましたか?

センターラインのある道路・一方通行は、比較的わかりやすいと思います。真ん中を走ればいいからです。

 

ところで、一方通行かそうでないかを迷う方は多いのですが、「標識を見る」以外に分け方は2つあります。

 

1・道路の印字(「40」や「◇」、「スクールゾーン」などの文字)が真ん中に書かれているか、それとも左端に書かれているか?

7

 

2・道路の停止線が、全部つながっているかどうか?

8

 

センターラインのない道では、できる限り左側を走ります。しかし、民家が密集している場合や自転車や歩行者が多い場合は、それらから1m以上間隔をあけて通行します。

 

4・真ん中を走ることはできましたか?

真ん中を走れない方はとても多いです。真ん中を走れない理由は、主に3つあります。

 

1・左側の感覚がつかめず怖いので、右に寄る

自分の車の左側がどのあたりを走行しているのかがわからないため、常に接触してしまうのではないかという恐怖心があり、安心感のある右に寄ってしまいます。

 

2・対向車の圧迫感があるので、対向車とすれ違うたび左に寄る

日常生活で、車が至近距離を通過するという経験がないため、対向車とすれ違うたびに「ぶつかるのではないか?」という恐怖心から反射的に左によけてしまいます。

 

しかし、「絶対に守らなければならないルール」でもご紹介した通り、運転は自分のレーンをはみ出さない、という大前提があります。ということは、レーンをはみ出さない限り、そうそう危険な目に合うことはありません。むしろレーンをはみ出し、事故を起こす可能性のほうがよっぽど怖いのです。対向車に圧迫感を感じるのはわかりますが、レーンをはみ出さない限り、絶対に対向車とぶつかることはありません。

圧迫感から左にハンドルを切って、歩行者や自転車と接触するリスクの方が、圧倒的に高いのです。

 

3・緊張から無意識にハンドルを握りしめてしまい、体の動きにハンドルが連動してしまっている

路上に出たばかりの頃は、緊張から無意識にハンドルを握りしめてしまいがちです。すると、顔を左右に振り向けただけでも体が曲がり、それに伴い腕とハンドルが動いてしまいます。すると、車は自分が向けた視線の方へフラフラ動いてしまいます。

 

これに対する対処方法は「ハンドルを持つ際は、握るにではなく支える」という発想を持つことです。

 

車のハンドルには、できる限り直進しようとする機能がついています。ですので、直線でドライバーが「真っすぐ走らせよう」とハンドルを握りしめなくても、勝手に直進してくれるのです。ハンドルに軽~く手を添え、間違った方向へ進みそうになったときだけ、少し修正を加えてやればいいのです。そうすれば、左右に顔や体を動かした際に、車が連動してぶれることもありません。

 

さて、道路の真ん中を走っているかを確認する方法です。

 

センターラインがある場合は、必ず真ん中を走らなければいけないのでしたね。しかし運転席が車の右側についているので、真ん中を走るのが非常に難しいのです。

 

そこで自分が真ん中を走っているかをチェックする方法は以下の2つがあります。

1・道路の印字を跨ぐ

道路には制限速度を示す「40」や、直近に信号機のない横断歩道の存在を示す「◇」マークが印字されています。その印字は必ず道路の真ん中に描かれていますので、それを車の真ん中で跨いであげれば、真ん中を通っていることになります。

 

しかしながら運転席は右側についているため、「40」であれば「0」の上あたり、「◇」であれば右側の頂点あたりの上を通過すれば、車が真ん中を走っているということになります。

 

2・停車時に、サイドミラーでチェックする

信号待ちなどで停まった際、左右のミラーで自分のいる位置をチェックします。

 

5・真っすぐ走れていますか?

真っすぐ走れない原因は、主に2つあります。

 

1・左側の感覚がないので接触が怖く、右に寄る。右によると対向車が怖いため、対向車とすれ違う時は無意識に左にハンドルを切る。

 

車両の把握が難しい左側の車幅感覚がないために、必要以上に怖がって右側に寄ってしまいます。そして右側に寄り過ぎ、今度は対向車の圧迫感を感じて、対向車とすれ違うたびに左に逃げてしまう・・・。これを繰り返してレーン内でフラフラしてしまうのです。

 

2・そもそも、フラついている感覚がない

真っすぐ走らなければならないという意識がないと、人間は真っすぐに進めない動物です。

 

水泳を思い出して下さい。

9

 

25メートルプールでは、レーンそれぞれに仕切りがあります。そして、各レーンの底には、真っすぐ泳げるようにガイドラインが引いてあります。ですからクロールや平泳ぎなど、プールの底を見ながら泳げる場合には、仕切りに接触するようなことはめったに起きません。ところが、ガイド線を見ることのできない背泳ぎは、右や左の仕切りにぶつかってしまうという経験は、誰にでもあると思います。

 

運転も同じです。

 

ガイド線となるセンターラインや歩行者線、中央に印刷されている40や◇の印字を意識しなければ、レーンの中をいくらでもフラフラしてしまうのです。

 

6・左折の2大原則と流れ理解し、躊躇なく信号のある交差点を通過できましたか?

 


 

最初の周回はいかがでしたか?きっと、スムーズには運転できなかったのではないでしょうか?無理もありません。あまり落ち込まず、車の挙動に慣れるまで、この練習を何度も繰り返しましょう。

さぁさぁ、左折の基本を理解したら、今度は左折の応用と停車車両の追い越し方を学びましょう。

左折の基本を土台に、より実践的な運転を学びます。

 

【学ぶこと】

1・車の曲がる仕組みを理解する

2・セルフステアリングを理解する

3・左折の基準線を理解する

4・理想的な左折ラインを走行する

5・停車車両の追い越し方

 

【事前学習】

1・車の曲がる仕組みを理解する

まずは、車の走るカーブというものは、どのような構造になっているかを知りましょう。実はカーブって、図のような円の一部なのです。

1

ですから、カーブではハンドルを一定にすれば、車はきれいに曲がることができるんです。交差点も90度のカーブですから「円の1/4を走行している」と言い換えられるんですね。

 

では、どのようにハンドル操作をすれば、うまく曲がれるんでしょうか?それを現した図が、下の図です。

2

 

1・カーブに進入する前の直線で、ブレーキを踏んで減速を完了させておきます。カーブでは、ブレーキを踏まないんですね。

2・ハンドルを曲げ、一定に保ちます。ハンドルの切り角の修正が必要になった場合のみ、最小限で修正をしてあげます。

3・カーブの真ん中を過ぎたら、徐々にアクセルを踏みます。

4・セルフステアリングでハンドルを真っすぐにもどします。

 

 

2・セルフステアリングを理解する

1で学んだ過程の中で、「セルフステアリング」という聞きなれない単語が出てきましたね。これはカーブを曲がり終わる際、アクセルを踏むときに軽くハンドルを離してあげると、ステアリングが勝手に真っすぐに戻ろうとする現象のことです。

 

初心者の方は、交差点やカーブを抜けるとき、自分でハンドルを戻そうとしてしまいます。でもそれって、すごく危険なんです。

 

なぜなら、ハンドルを戻すのが遅れてしまったり、アクセルを誤って急に踏んでしまったりすると、車はとんでもない方向に進んでしまい、衝突の原因になってしまいます。セルフステアリングは、ハンドルが勝手に真っすぐに戻ろうとするだけなので、予期せぬ方向に進むことを軽減できるんです。

 

始めは怖い、という方が大半なのですが、練習を重ねてできるようにして下さいね。

 

3・左折の基準線を理解する

左折時に「車を左に寄せる」という流れを勉強しましたが、そもそもなぜ左に寄せるのか、理由を考えたことはありますか?

 

左折の際に車を左に寄せる理由は、3つあります。

1・巻き込み車両が侵入するのを防ぐ

2・左折する意思があることを後続車に示す

3・右側を開けて、後続の直進者が進むスペースを空ける

 

ところが心理的な影響からか、せっかく車を左に寄せたのに、下の図のように「ヨイショ」と右に振ってから左折する人が非常に多いのです。これでは、何のために左に寄ったのかわかりません。

3

 

 

もし、そこに後続の直進車が来ていたら・・・

4

 

では、この悪癖を直すためにはどうすればいいのか?

 

それは「基準線」を設けることです。左折する際には、視点を左側の縁石やラインに目線を移し、そのラインを基準として平行に交差点に進入するのです。そして、ハンドルは右に切ることなく、そのまま左折していくようにしましょう。

5

 

4・理想的な左折ラインを走行する

ところで、カーブや交差点は円の一部でできている、というお話をしました。これはどんなカーブでも、どんな交差点でもです。

 

でも、自分が円を描けているかって、全くわからないですよね?そこで、何か目印になるものがあればいいですよね。実は、あるんです。円を描くために便利な目安が。

 

それが、「溝」です。

6

 

多くの交差点では、写真のような溝が設置されています。これが、きれいな円を描いているんですね。ココを目印にハンドルを曲げてあげるのです。欲を言えば、自分の車の左後ろタイヤでなぞってやるようなイメージです。

 

この練習をすると、ハンドルを一定にして交差点を抜けられるようになります。

 

しかもこの溝をなぞれるようになると、不必要な大回りもしなくなり、左の車幅感覚をつかめるようになります。多くの方が「自分の車がこんなに内側を曲がれるなんて思わなかった」と言います。

 

この溝を沿うように曲がると、曲がった先の車線の真ん中にトレースできるようになる、魔法の目印なのです。

 

5・停車車両の追い越し方

練習をしていると、停車車両が現れましたよね?

 

「うまく通れるかなぁ?」

ドキドキしたのではないでしょうか?なぜ、ドキドキするのか?

 

それは、明確な根拠を持たずに追い越しをしているからです。根拠とは「センターライン」です。停車している車両をセンターラインの距離を目測し、そこから安全な通過幅を導き出してあげればいいのです。

 

それが、大抵の人は停車車両ばっかり見てしまいます。左の停車車両を基準に考えてしまうので、そこに対向車が迫って来ようものならパニックになってしまうのです。

 

障害物との距離は、最低1mが理想的です。しかし、道幅や対向車の有無により、十分な車間をとれない場合もあります。以下の手順を覚え、停車車両を安全に追い抜く練習をしましょう。

 

1・センターラインを跨がずに通過できそうな場合

7

 

2・道幅が狭く、センターラインを越えないと通過できない場合

8

 

3・道幅が狭く、センターラインを越えないと通過できず、なおかつ対向車が来ている場合

9

 

 

【やってみよう】

講習5時間目 | 左折の基本を学ぶで回ったコースを、左周りでさらに1~2周しましょう。

 

【チェックポイント】

1・減速→ステアリングを切る→ステアリングを固定する→アクセルを少しずつ踏む→セルフステアリングで真っすぐになる、ができているか。

初心者の方は特に、ブレーキでの減速が毎回不安定で一定ではないため、交差点での侵入速度が速すぎて大外回りになったり、逆にスピードを落とし過ぎて交差点内でモタモタしてしまうのです。また、ハンドルを一定にしておくことに我慢できず、ついついハンドルを動かし過ぎになってしまいます。「カーブは円でできている」ということを忘れず、ハンドルを一定にする週間を身につけましょう。

 

2・セルフステアリングを実践できましたか?

初心者の方は恐怖心からどうしてもハンドルを自分の力で操作しようとし、交差点の出口で左側にぶつかりそうになったり、対向車線に飛び出しそうになったりします。そこにアクセルを踏んでしまうものですから、もうコントロールができなくなってしまうのです。

 

3・左折の基準線と平行に侵入、左折できましたか?

 

4・左の溝を目安に、きれいな円を描きながら左後輪でなぞる走行はできましたか?

 

5・考えることなく、停車車両の対処をできるようになりましたか?

停車車両が現れてから、頭で考えて行動していては遅すぎます。刻一刻と、停車車両や対向車は迫ってくるからです。

停車車両を見つけた瞬間にセンターラインとのマージンを目測し、センターラインを越えずに通過するのか、越えて通過するのか、対向車は来ているのか、などを無意識で判断できるまで練習しましょう。

 

左折はできるようになりましたか?今度は右折です。

 

【学ぶこと】

1・右折の2大原則を学ぶ

2・待つべき場所

【事前学習】

1・右折の2大原則

おさらいです。左折の2大原則は

「巻き込み」と「歩行者」でしたね?

 

右折の2大原則は

「対向車」と「歩行者」

です。

 

この2つがいなければ、速やかに右折してしまってかまいません。

 

2・待つべき場所

横断車がいる場合、右折は左折と違い、横断歩道の直前で待つことができません。なぜなら、対向車がいるからです。

 

では、右折時に対向車や歩行者がいる場合、どこで待てばいいのでしょうか?それは下図のような「センターラインを結んだ線を越えない、交差点中央の少し手前」です。

10

 

センターラインを越えてしまっては、対向車にぶつかる可能性がありますし、交差点の中心を踏んでしまうと、対向車の右折車とぶつかる可能性があります。

 

【やってみよう】

信号のある交差点を、右周りに1~2周します。

 

【チェックポイント】

1・右折の2大原則を理解できましたか?

何度も言いますが、右折の大原則は「対向車」と「歩行者」です。それ以外はチェックする必要がありませんので、左を見る必要はありません。

 

右折時にこの2 点のみを頭に入れ、スムーズに右折できるように練習しましょう。

 

2・待つべき場所

対向車と歩行者がいる場合、交差点内で待つルールは理解できましたか?特に歩行者がいる場合、どのタイミングで右折すればいいか、なかなか目測を付けることが難しいかもしれません。その場での状況判断になりますので、少しでも危ないと思った場合は、安全第一で待つようにしましょう。
次は、優先右折のスムーズな通過方法を学びます。

 

【学ぶこと】

1・右折の基準線を理解する

2・理想的な右折ラインを走行する

 

【事前学習】

1・右折の基準線を理解する

右折時に、右に寄せる理由は2つあります。

1・右折する意思があることを後続車に示す
2・左側を開けて、後続の直進者が進むスペースを空ける

しかし左折同様、「ヨイショ」と左に振ってから右折する人が非常に多いのです。

30

後続車が左から来ていたら・・・

31

もちろん、大参事ですね。

 

右折する際には、「停車車両の追い越し」でもやったように、視点を右側のセンターラインに目線を移し、そのラインを基準として踏まないように寄り添いながら平行に交差点に進入します。そして、ハンドルは左に切ることなく、そのまま右折していくようにしましょう。

32

 

2・理想的な右折ラインを走行する

左折時はなるべく小回りするとお伝えしましたが、右折の際は、交差点の中心を踏まない程度に大回りするようにします。

小回りしてしまうと、曲がった先で待機している車と衝突してしまう可能性がありますし、交差点の中心点を踏むほど大回りしてしまうと、対向の右折車と接触してしまう可能性があります。

ですから図のように、「交差点の中心を踏まない程度に大回りする」のが理想的な右折ラインになります。

33

 

【やってみよう】

「講習7時間目 | 右折の基礎を学ぶ」で回ったコースを、再度1~2周してみましょう。

【チェックポイント】
1・右折の基準線を守って、センターラインに水平に進入できましたか?
2・理想的な右折ラインを走行できましたか?

関連記事

  1. 元レーサーが教える「女性のための」ペーパードライバー講習6時…

  2. 道路の真ん中を走るには 3/3 「路面の文字を使って一方通行…

  3. 元レーサーが教える「女性のための」ペーパードライバー講習4時…

  4. 一方通行の3つの見分け方

  5. ペーパードライバーが車両感覚を把握するための練習方法

  6. バック駐車克服のコツ「どっちに切ると、どっちに曲がる!?」

  7. 自動車を運転するとき、道路の真ん中を走るには!?

  8. ペーパードライバーでも克服できるバック駐車のコツ3「ボディラ…

  9. ペーパードライバーでも克服できるバック駐車のコツ1「流れ」

  10. ペーパードライバーでも克服できるバック駐車のコツ4「まとめ」…

  11. 元レーサーが教える「女性のための」ペーパードライバー講習1時…

  12. ペーパードライバーでも克服できるバック駐車のコツ2「キホン」…

  13. バック駐車克服のコツ「ハンドルがどこを向いているのかわからな…

  14. 自動車を運転するとき、どこを走ればいいの!?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA







質問3・今の目標は!?(複数回答可)
旅行先で運転する15分以内の場所に行く1時間以内の場所に行く23区内を走る高速に乗る首都高に乗るそのほか

1 空いてる日にちをチェック

 
前週 2017-08-21 翌週
 
日付 08/21
(月)
08/22
(火)
08/23
(水)
08/24
(木)
08/25
(金)
08/26
(土)
08/27
(日)
09:00 Close Open Open - Open Open -
10:00 Close Open Open - Open Open -
11:00 Close Open Open - Open Open -
12:00 Close Open Open Open Open Open -
13:00 Open Open Open Open Open Open Open
14:00 - Open Open Open Open Open Open
15:00 - Open Open Open Open Open Open
16:00 - Open Open Open Open Open Open
17:00 - Open Open Open Open Open Open
18:00 - Open Open Open Open Open Open
19:00 Open Open Open Open Open Open Open
20:00 Open Open Open Open Open Open Open
21:00 Open Open Open Open Open Open Open
 
前週 2017-08-21 翌週
 

2 ご希望のコースを選ぶ

コース・料金の詳細はコチラ

※群馬、栃木、茨城、千葉県にお住まいの方は、4時間からの講習となりますので、ご了承下さいませ。

3 メールですぐ予約!!

メールで仮予約(3時間以内にご返信いたします)

お車はどちらで受けられますか?(必須)
教習車(弊社で準備)マイカー(お客様でご準備)

3 電話ですぐ予約!!

Top