一方通行の見分け方 | 簡単スッキリシリーズNo.1

「簡単スッキリシリーズ」は、一見難しそうに見える交通ルールを簡単スッキリ説明し、運転するときに混乱しないためのコラムです。一番最後にはチェックリストを掲載していますので、これさえ印刷して手元に置いておけば、交通ルールも怖いことはありません!!

「これも簡単スッキリ説明してほしい!!」というご要望があれば、下記のメールフォームよりお寄せください。
https://goo.gl/W4pNcE


第1回目は「一方通行の見分け方」です。一方通行にうっかり進入・・・考えても恐ろしい状況ですよね?

でも、これも簡単スッキリまとめてしまえば、必ず一定のルールが存在しています。

step1:道路を曲がる際に標識をチェックする

一方通行

すべての基本はコレですね。この矢印の向いている方に一方通行である、という意味を持ちます。逆に道路の入り口に以下の標識があった場合は・・・

進入禁止

これも有名な標識ですね。「車両進入禁止」です。ただ、多くの場合「自転車を除く」と注意書きがかかれているので、自転車は逆走しても大丈夫なのです。

指定方向外進行禁止

この標識は「指定方向外進行禁止」といい、「右にしか行けないですよ~」という意味を持っています。厳密にいうと一方通行関連の標識ではないのですが、「右にしか行けない=実質的に右への一方通行」ということになりますので、とても参考になります。

 

step2:路面の文字が真ん中に書かれているかどうか?

路面に書かれている文字やマークは、「本来車が走るべき場所」を示しています。

ということは「マークが真ん中=真ん中を走って下さい=一方通行です」という意味ですので、一方通行だということがわかります。

step3:停止線が道路全体を覆っているかどうか?

路面に書かれている文字やマークは「本来車が走るべき場所」を示していますが、停止線も「こここで止まって下さいね!!」というメッセージと共に「この白線の上を通過して下さいね!!」というメッセージでもあります。

このような形で停止線が途中で切れている場合、車は「この線の上を通りなさい」ということなので、左に寄らなければならない=対向車あり、ということになります。

一方で

この道路のように、停止線が全体にまたがっている場合「この白線の上を走って下さい=どこでもいいですよ!!=対向車はありませんよ~」というメッセージなので、一方通行ということになるのです。

逆に、自分が入ろうとした道路に停止線が目一杯広がってた場合は、標識を見なくても停止線の形状を見て「進入禁止だ!!」ということが察知できます。

step4:右左折時に見える標識や路面の文字で判断する

下の交差点は、明らかに右にも道路があるのに、右折禁止の標識が出ています。

その理由は、右に曲がった先の道路が進入禁止だからなんですね。このように曲がった先が進入禁止の場合、標識や道路の印字で「右には行けないですよ=右矢印だけ消されている」ようにしてあり、あらかじめ進入を防ぐ対策が取られています。

step5:標識看板が見えているかどうか?

これは、一方通行を逆走した場合の画像です。◇も真ん中に書いてありますし、一見何の問題もないように見えますよね?でも、運転になれている者から見ると、なんとなく違和感があるのです。

ではこの道を逆向き(正しい方向)にしてみると・・・

どうでしょう、こっちの方がしっくりこないですか?この二つ、一体何が違うのかというと・・・

そう「標識が見えるかどうか?」なのです。逆走していると、標識が全く見えません。もし、走っていて標識が見えるのであれば、それは正しい方向に走っているという証でもあります(逆走している車に標識なんて出てないですから!!)

もし逆走しているか心配な時は、路面の文字とともに標識が見えるかをチェックしましょう。

元レーサーのハイレベルレッスン

もう一つ、一方通行かを知る手がかりとして「車の駐車している方向を観察する」があります。

どうでしょう。もし標識を見落としたとしても、この車の並びに違和感を感じませんか?

そう、すべてが同じ方向を向いているのです。ということは、左から右への一方通行の可能性が高い。ここまで極端な例は難しいですが、住宅街で停車している車が一方だけを向ている場合は、その道が一方通行の可能性があることを頭に置いていいかもしれません。

まとめ

道路を曲がる際に標識をチェックする
路面の文字が真ん中に書かれているかどうか?
停止線が道路全体を覆っているかどうか?
右左折時に見える標識や路面の文字で判断する
標識看板が見えているかどうか?
車の駐車している方向を観察する

 

一方通行は進入してしまってからでは遅いので、未然に防ぐことが大切です。
最近のナビは一方通行を考慮してくれますので、ナビ活用するのもいいですし、写真のように一方通行は交互に配置されていることがほとんどですので「進入禁止があったから次は曲がれるな」とか「今の交差点は一方通行入り口だったので、次は進入禁止だな」と予測を立てると、誤進入が防げます。

このように路面や標識、停止線の情報を元に、一方通行の逆走をしないように気を付けましょう。

コメントを残す